自問自答のすすめ

『人生が変わる。自分を変える。』

仲間・同盟とはなにか?『応用編』

 

ようこそ
 
このブログでは、
”人生とはなにか?生きている意味?”等
様々な難問に対し、
私自身の『定義』を作り
応用していく過程を公開する事で
 
ご覧になった方々が
”世界を理解し、『自分の人生』を歩み始める事" 
それらを目的に作成します。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
【前書き】(ブログをご覧になる前に)
私のブログの読み方 (自問自答の方法 記載)
ーーーーーーー

f:id:shin-910710:20170312090704j:plain

今回の定義 
仲間とは?【各々の目的のための協力関係】

 

 

 ーーーーーーーーーー

今回のお題や定義について、
皆さんはいかがお考えでしょうか。
私の定義にしっくりくる方もいるでしょうか?
(応用編は”私”の定義の活用例ですので、参考程度にご覧ください。)
ーーーーーーーーーーーーー
 
私の定義をご覧になっていただいた際に、しっくりこなかった方のため、
仲間とは?』の定義の応用としての例を出しておきましょう。  
 
・趣味仲間 ・地元仲間 ・共闘仲間 ・職場仲間 
このように様々な形の”仲間”が存在します。
全てある目的のため、協力する関係にある。というのが私の定義です。
 
この定義を使っていくと、世の中の言葉について、
どんな意味合いで使われているのか、
私の世界観、本質観から見ていくと、このように捉える事ができます。
それでは今回の応用編の問答を始めます。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

《応用編》

問 戦友とは?
 
一緒に戦った仲=敵を倒すという同じ目的を持ち、協力し合った人物
つまり、私の定義では、【『戦友』=『仲間の一例』】という解釈になる。
 
問 困った時に助け合うのが本当の友達?
 
これは、私の定義では『仲間』であって、『友達』ではない。
『人生を善く生きる等・・他 のため、協力しあう。』地元仲間のようなものだろうか。

 

 《名言編》

 
問 友達なんかいらないって  引用:タモリ(名言)

 

 
タモリさんの言うところの友達は知らないが、
この言葉に対する私の解釈は 
『利害関係(友情)の繋がりはいらない、真の友がいればいい』と取る事ができるし、
『利害関係の繋がりはいらない、ただの利害関係にとらわれるな』ととる事もできる。
 いずれにしろ、名言であるから文が少なく、言葉たらずとも言える。

 

 
問 友達とは、遠慮せず相手の過ちを指摘できる人。引用:ー
 
 
⒈本音を言い合える価値 
⒉相手を正しい方向に修正できる価値  のある人を友達と捉えているようだ。
それは私の定義で言えば、
本音を言い合える存在として相手に価値を感じているだけの、
『友達の一例にすぎない。』よって、この人は私から見れば、本質観の違う人である。

 

 
問 人々は悲しみを分かち合ってくれる友達さえいれば、悲しみを和らげられる
 
悲しみはわけあう事ができる。 という新たな懐疑が出てくるが、
悲しみを分け合える友情価値があるという事は、内面の価値であるだろうから、
”本当の友達”の場合だろうとも言える。
 
問 友人はあなたのためでなく、自分の利益のために忠告する。 引用:トルコ諺
 
忠告して友人を止めるパターンには色々ある
①道を踏み外していると思うから、そこから救おうと忠告するパターン
(つまり、仲間 兼 友人である場合)
②遠くにいってしまう気がする、または置いていかれる気がするパターン
(友人の場合)
・・

 

 
確かに、どちらも自分のためだ。
悪い方に向かう友人を止めるのは、友人のためになるかは結果論である。
しかし止めないと自分が許せないのだろう。自分のためという事になる
または、仲間として助けるとしても自分のためだ。
遠くに行くから止めるというのは足を引っ張ろうとする者の典型である。
もちろんこれも、自分のためという事になる。
 
確定的ではないが『忠告』という行為は
”相手のために行う事は人情的に少ない”という諺なのだろう。
というような解釈ができる。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

このように、
自分の定義を作成しておけば、
 
今回であれば『』について、
時間をかけずとも、
自分はその対象をどう捉えているのかを把握したことにより、
瞬時にその他の解釈を生み出すことができます。
 
自問自答による『定義』というのは、
定義=数学の定理
のようなものであるのです。
 
以上
応用編を終えます。
 

 

 

 

 
 

仲間・同盟とはなにか? 『定義編』

 

 
ようこそ
 
このブログでは、
”人生とはなにか?生きている意味?”等
様々な難問に対し、
私自身の『定義』を作り
応用していく過程を公開する事で
 
ご覧になった方々が
”世界を理解し、『自分の人生』を歩み始める事" 
それらを目的に作成します。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
【前書き】(ブログをご覧になる前に)
私のブログの読み方 (自問自答の方法 記載)
ーーーーーーー
f:id:shin-910710:20170820113601j:plain
地元仲間
趣味仲間
サークル仲間
本当の仲間
仲間は大切にする。
仲間をないがしろにする。
仲間と切磋琢磨する。
 
ごく自然に私たちは
『仲間』という言葉を使っているのではないかと思います。
 
ではそもそも、
仲間とはなんでしょうか?

あなたにとって『仲間』とはなんですか?

 
 
それでは、今回の
私の定義を紹介します。
 
 

仲間・同盟とは?

"目的"のための"協力"関係
①各々の目的
②仲間全体の目的…がある。
・ 約束(暗黙でも可)
・ お互いが協力関係を認識している(狭義)
・片面的な認識でもよい。(広義)
    相手が自分を認識してないとしても、
    幇助された側にとっては、
    目的のため協力してくれる者であり、
    仲間と捉えられる。
 
 
 
どんな関係なのか例えてみる。
 
『車のタイヤ』
通常の仲間・同盟

f:id:shin-910710:20170820113831j:plain

4輪のタイヤは仲間関係といえる。
これらの全体(集った)の目的は
"目的地への到達"
それぞれに意思があるならば、そのうち1輪のタイヤがこのような目的を持っているとしよう。
"世界の景色を見てまわる事"。
 
これらのビジョンのために、
タイヤ同士で協力しあう関係性。
これが仲間だ。
 
4輪タイヤのうち、一つが傷ついても
それぞれ協力して補助をしあえば、
一つのタイヤで目的地を目指すよりも、
辿り着ける可能性も高まる。
 
しかし、損傷がひどく、
足を引っ張るようであれば捨て置き、
スペアにでも交換し、背負うか捨て置くほうが、"全体の目的"の達成はしやすくなる。
そんな関係性でもある。
 
仲間に足手まといがいては困るのが道理だ。
 
 
 
しかし、
某漫画雑誌の仲間がこれとは少し違うように見える。強固な協力関係に見える
 
一つタイヤの損傷の回復に、あまりにもリスクをとりすぎている、
"仲間関係が逆に負担になっていても"
仲間を助けようとし、背負おうとする。
 
この関係性には、危険がはらんでいる。おわかりだろうか?
 
仲間が1人増えるごとに、先の例で、
"目的地への到達"から遠ざかる事だ。
本来見捨ててスペアを取り入れたほうが、
"全体の目的"は達成しやすい。
 
 
それではなぜ、この関係性が仲間として描かれる事に違和感を感じないのだろうか?
 
 
 
 
……………………
目的に"仲間全員の充実"が含まれると考えると納得できないだろうか?
目的が
"①目的地への到達 + ②仲間全員の充実"
だから、仲間が傷ついたら助けるという事だ。
 
しかし、この場合もちろんだが、
先のタイヤの目的である
"世界の全てを見てまわる事"という目的も、
この仲間関係では、可能性が低くなる。 
 
そう、1人仲間が増えるごとにだ。
仲間を増やすには慎重にならなくてはならない。
 
 
 f:id:shin-910710:20170820114755j:plain
ーーーーーーーーーーーーーーー0
こう考えると、仲間の関係性の考え方は例として、以下のように別れると思う。
 
①目的のためには犠牲は避けられない。
   損傷すれば使い捨てる。
   犠牲はいとわない突進派
   (ブラック会社等は仲間とは雇用関係という点で異なるが、これに近い)
 
②目的を追うが、犠牲には注意する。
   損傷すれば捨てる。
   犠牲を極力避ける慎重派
  (ホワイト企業等は仲間とは雇用関係という点で異なるが、これに近い。)
 
③目的が"仲間の充実"の慎重派
   (地元仲間等)
 
④仲間は見捨てない。目的も諦めない。
   犠牲も避ける。
  目的も仲間も大事にする理想派
  (ワンピース)
…etc 
  
細かく考えると複雑になりがちなので、大きく考えてみよう。
 
 
 
 
 
 
国家"を一つの民族による仲間だと考えてみる。国家の目的はなんだろうか?
 
国家のビジョン
世界平和(他者貢献)』だとする。
(企業等の理念やビジョンはなぜか他者への貢献についてである。"理念"とは本来自分のための理由になるはずだ。
(この疑問については、『組織とはなにか?』で述べる)
 
先の例に当てはめると、
このビジョンの国家は、世界平和のため、
①国民の犠牲は放っておけ。
②極力犠牲は減らせ。一部は見捨てろ。
③世界平和より国民の充実を考えよ。
④世界平和も国民の充実も達成せよ。
 
 
このようにどうあるべきか?
という意見は様々に別れる。
 
では、
どれが正しいのか?
どれが受け売りなどではない、あなた自身の意見だろうか?
考えをまとめる場合に
自問自答による、『定義』が役に立つのでこうも長々とのべた。
 
自分に意見がない方はこのテーマを自問自答してみてほしい。
 
・社会とはなにか?
・国家とはなにか?
 
これだけでも意見が固まってくると思う。
 
私の場合、社会とはなにか?の
定義の応用で、
"社会は人のためにあるのであって、
社会のために人があるわけではない。"
と考える。
すると①はありえない。
 
また、自分を犠牲にし他の充実を図る事は長続きしない。よって、自分も充実させつつ他に影響すべきだ。と考えている。
 
つまり、
目的それ自体に"国民の充実"が含まれるべきだ。
国家は、
『"世界"のため国民が少数でも犠牲になるのでは、『世界平和』という目的は、国家の目的として間違っている。
国家の目的としては、本末転倒であり、他者貢献を理念やビジョンとすべきではない。
『国民の充実』を理念に含めるべきだ。
 
世界平和になったから、国民が充実するのではない。国民が充実するから、世界平和に強く貢献できるのだ。』となる。
 
…国家を会社に言い換えれば、
会社の理念やビジョンは『社員の充実』等とすべきだ。となる。
(よって私の意見では、世の中の会社はほぼ、本末転倒な理念を掲げている事になる。…世界を豊かにするといいながら、社員を豊かにしない組織の矛盾等)
 
よって、
④とほぼ一致。
国家の理念は仲間の充実。
その結果世界平和も諦めない方向性でいくべきだ。という私の意見が見いだせる。
 
このように定義を応用すると、
確固たる自分の意見が作成できる。
 
 
ーーーーーーーーーーーー0
いかがでしたか?
そんな気もするが、違う気もする。
とお思いでしょうか?
 
大丈夫です。なぜならこれは、
"私"の『仲間』に対する"定義"だからです。
 
あなたが納得できなければ、
あなた自身で自問自答をすれば、別の"定義"
が作成できるはずです。
(私のブログの読み方 参照)
 
自問自答の定義の意味が、ご理解いただけましたでしょうか?
 
次回、定義の応用編をご覧ください
 
 

 

 

友達・親友・本当の友達とはなにか?『おまけ編』


ようこそ

このブログでは、
人生とはなにか?生きる意味は?
など、人類の難問に正面から
私自身が問いを投げかけ【私の定義】を作成し、公開する事により

人類の子孫(人類の後輩)たちが
・人生の早い段階で世界を解釈し
・自分自身の『意見』を形成し
・後悔のない人生を歩むために
・料理(作品)の食材(知性)として、誰かの役に立つために・・etc
作成します。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
f:id:shin-910710:20170306120217j:plain




おまけです。

今回

"本当の友達"を失う現代人の悩み
の解決方法 

を紹介しておきます。




その悩みとは?

本当の自分と偽物の自分がよくわからなくなってきている。そして最近孤独を感じる

という悩みです。

はて?偽物の自分とはそもそも?と思う方は大丈夫です。
わかるわかる。という方は必見です。







以前の記事で、
私は友情価値を
①内面の友情価値(性格 考え方 
②外面の友情価値(地位 金 容姿

①に需要を感じ合い価値を交換し合う人が
"本当の友達"なのだと定義したことを紹介しましたね。



つまり、本当の友達は、
"aありのままの"あなた"に価値を感じて付き合いをしているということですね。

それは、本来のあなたであり、
着飾らないあなたでもあります。


もしあなたが、
気持ち悪い思考回路で、臆病で、
サイコパスで、世間から疎まれていて、
バカで鈍感でクズで貧乏

だとしても、
あなたの性格に魅力を感じている人、その人は本当の友達です。(あくまでも私の定義)


ここで、重要なのは、
"本当の友達"の前では"ありのままの"自分で良い。ということです。


しかし、
普段私達は、"ありのままの"姿で日常を送っているでしょうか?
そう、
私達社会人は、"ありのままの"姿で人前に出ることはありませんね。

以前述べましたが、
社会に受け入れてもらうために、
敬語やマナーを守る事は内面を覆い隠すことであり、偽物の自分を演じるということです。女性なら化粧もしますね。

また、
欲しい物(富 名誉 地位)を手にする為にはもちろん処世術など、偽物の自分が必要になり、偽物の自分を演じることになります。

故に
本当の友達の前の自分
                    =ありのままの自分

欲しい物を手にするための自分
                    =偽物の自分
(職場お父さんと家のお父さんのようなもの)


このように、TPOで自分を切り替える必要があるわけです。





ここで、悩みの根本原因を答えます。


想像してみてください。



友達の前で、
仕事終わりに、お休みに、
"欲しい物を手にするための偽物の自分"
を演じてしまった場合、どうなるでしょうか?



本来、"本当の友達"は、
自己の内面や考え方等に価値を置いてくれたが故に本当の友人だったはず。

それを偽物を演じたままで友人に継続的に会ってしまうと、どうなるでしょう?



①自身の立場
どっちの自分に価値を置いてくれているのか?
ありのままの自分を肯定してくれる人は自分の周りにいるのか?
疑問に思えてくることになります。

友人の側
その変化により、
友情価値を見いだせなくなるかもしれません。
また、距離を感じる事になるでしょう。
高い確率で友達とは距離ができます。
("本当の友人"に対し、マナーを気にしてそそくさとしたり、図々しい行動を遠慮したり・・)



こうして、人は良き理解者を失い、
自ら、孤独に陥り、
⬇︎
そして、理解者との付き合いをなくし、
欲しい物を追い求める偽物の自分を継続的に行い続ける事により、自身がわからなくなっていく

というのがよくあるパターンです。



では、解決法を紹介します。

⑴予防法
①本当の友人 (奥さんも) 等
   良き理解者達の前では飾らない自分で  
   あり続ける事を意識する事。
つまり、公私は徹底的に分ける

定期的に友人との関係を続ける



⑵本来の自分を思い出す方法
①本来の自分は小学生や中学生の頃を
内省すると、思い出せる。

以上で おまけ の考察を終わります。

友達・親友・本当の友達とはなにか?『応用編』

ようこそ

 このブログは、自問自答をとおして、
『自分の人生を歩む事』をテーマに、

"友とは何か? 人生とはなにか?"
などの様々な難問に対し、
私自身の『定義』を作り
応用していく過程を公開する事で
 
ご覧になった方々の
思考のキッカケになる事を目的に作成しています。ーーーーーーーーーーーーーーーー
【前書き】(ブログをご覧になる前に)
私のブログの読み方 (自問自答の方法 記載)
ーーーーーーー

f:id:shin-910710:20170305013925j:plain

 
 
友達とは?   【友情価値の交換相手】
親友とは?   【気の知れた交換相手】
本当の友達とは?【"本人自体"に価値を置く交換相手】
本当の友達の本質【自身の存在の肯定】
友情とは?   【利害関係】
真の友達とは? 【家族関係にある友達】
 

 

ーーーーーーーーー
目次
 
今回のお題や定義について、
皆さんはいかがお考えでしょうか。
私の定義にしっくりくる方もいるでしょうか?
(応用編は”私”の定義の活用例ですので、参考程度にご覧ください。)
ーーーーーー
 
昨今、『友達』っていったいなんなのか?
ネットには正確な答えなどはなく、
悶々と人間関係を結ぶ人々がおり、
心にぽっかりと穴が空き、
虚無の人生を歩む人が数多くいるからこそ、
今、友達について考えなければならないと思います。
 
ーーーー

《悩み編》

問 友達がいない。欲しい。

この悩みは多いようだ。
私の定義を見てみればわかるが、友達とは利用関係だ。あなたに利用価値がないのか、それとも市場に参加してないのか。

 

私の定義が分かりづらい人のため、
例えを出しておきたいと思う。
 
友達の前では陽気で明るい性格のA男がいるとする。A男は友達からの評判も上々で、地域の住民にも、素晴らしい好青年で名が通っている。
 
しかし、A男の本性は、
外面が良いだけであり、
家族間ではただのDV男であり、借金まみれで怠惰で他力本願なクズ男だとする。
 
 
以上の例えを定義に当てはめれば、
 
A男の好青年の外面でできるのが友達
ありのままのクズ男に価値を感じて付き合うのが本当の友達だ。
 
 
あなたも実際に見たことがないだろうか?
あまりにも良い奴で、
友達も多く、物事がトントン拍子でうまくいくような人間を。
彼らが元々そんな聖人であると思うだろうか?彼らが強運の持ち主だと思うだろうか?
 
 
彼らは友情市場の需要に自らを合わせて演じているのだ。友達に値する人間を。
さらに、友情市場の需要を継続的に満たすという事は、友人との時間、彼らは友情を売り物にする商売を、常にをしているようなものだ。
休日でさえも、彼らは他者貢献に生きているのだとも言える。
 
よって必然的に
労働→休日に商売→労働→休日に商売という構図となり、
給与→見えないお金→給与→見えないお金
というように、1日中仕事をしている状態で、自らの持つ付加価値を常に増やしていく。
 
よって、物事はトントン拍子にいくように見えるが、実際は、
現金のみ労働で得る人よりも、
見えないお金も同時に生産し続ける人なわけだから、たんにお金に物をいわせているわけだ。
(見えないお金?下記参照)
 

 

 
話が逸れたが、以上から、
友達を作りたいのなら、
 
仕事中お客様のニーズに応えるように、
休日に友人というお客様のニーズに答えればよいのだ。『友達』
 
さらに、それに慣れてくれば違和感なく友達の需要に対応できる。求めているものがわかるようになる。気を使わずにニーズを満たせるようになる『親友』
 
 
頭にはこの構図をいれておけばいい。
【自分=商品】・【友達=客】
 
友達がいないあなたは、
ここまで努力し、友達を作る事に疑問を覚えたり、しないだろうか?
だが、友達を作るとはこういう事なのだ。
皆そうして友達を作っている。
気を使っているか使ってないかの違いだ。
(本当の友達ではない事に注意)
 

 

 

 

とにかく、友達を作るには、友達の需要を満たす必要がある。少し努力が必要なのだ。


さらに、心の繋がりとしての本当の友達を作りたいとなると、さらにハードルがあがる。あなたは、ありのままの自分をだしつつ、需要も満たさなければならない。
ありのままのあなたは、友人を獲得してから、徐々に表現していけばよいのではないだろうか?

問 友達ができない。


この悩みは面白い。友達とは私の定義では、利用価値の交換関係だ。つまり、あなた自身が、友達を求めなければもちろんできない。友達が本当は欲しくないのに、友達ができないという者がいる。そんなあなたは、"道具としての友達"をたくさん連れている者を見て、劣等感を感じていたりする。あなた自身は"繋がりとしての友達"を求めているだけだったりするのにだ。
考えて見て欲しい。本当の友達等というのは、学校に通って数人できるかどうかだろう。何百人に1人しか"ありのまま"の人間に需要を感じる者はいないのだ。殆どは道具としてお互い利用しあっている。
ここで言えるのは、本当の友達はとにかく市場に参加し(人の集まり)、ありのままを出し続ける根気がいる。つまり、これもちょっとした努力が必要になるという事だ。

《疑問編》

問 落ち目になれば本当の友がわかるというがなぜか?
 
 
外面に価値を置く友達は、
本当の友ではない。ただの友達である。
この発言をした人は、私と本質観が同じである事がわかる。
 
問 無職になると友達がいなくなった。なぜか?
 
この場合の友達達は、
外面(ステータス 金 趣味が合う 容姿等)
を理由に友達をやっていた。
つまりそもそも、本当の友達ではなかった。
 
無職という外面の人間には価値が感じられないという人が周りに多かっただけ。
日本で社会人をやっていると、こういった友情価値基準を持つ者が多いため、
友情とはそういうものだと錯覚しがちだが、
本当の友達は、恐らくその時でも残るはず。
 
なぜなら、
無職になっても、
内面(性格 考え方 等)は変わらないからだ。
 
無職になったら離れるような友達は、
あなたはその人達にとって道具と同義だったという事だ。使えないから捨てる。
 
その程度の関係性だったという事。
 
 
問 学生時代のように大人になると友人は作れない(知り合いは多いはず)がなぜか?
 
社会人は円滑な付き合いのため、
"敬語"や"マナー"を身につける。
しかし、それは内面を覆い隠すものでもある。(つまり、普段の社会人のあなたは、内面含めて嘘のあなたである)
⬇︎
故に社会人としてのあなたの周りにいるのは、あなた自身内面を覆い隠しているわけですから、内面は見えづらい。
そうなると、自然にあなたの外面に価値を感じた友達の比率が高くなっていく。
⬇︎
【社会人は"本当の友達"は作づらい】
 (△社の社員のAさん。と覚えられるという事は、あなたではなく、△社の社員という点に価値を置く人ばかりとなる。)
 
問 昔は孤独だったが、
   金を手に入れると友達  彼女もできた。
   金さえあればなんでも手に入ると
   思い込み、人として外道を繰り返す
    拝金主義者がいるが、
   なぜそのような思考になったのだろう?
 
 
もっと応用で、こういうのは、推理します。
 
人物をAとする。
Aは過去友達がいなかった。
恐らく理由は次のどれかだろう。
①周りに昔は人がいなかった。
   (供給しても顧客がいない。)
②Aに友情を見いだす人がいなかった
  (供給しても需要がなかった)
③友達になろうとするものを遠ざけた
  (需要はあるのに供給を拒否した)
⬇︎
問の
Aは大人になって、友達なども手にし、
金に魅力されているところを見ると、
恐らく①と③はないx
②の可能性が高いな
(友達が欲しいが人が離れていったパターン)
⬇︎
自分を省みて自己実現をするでもなく、
ただただ友情や彼女を求めたとする時に、
ある日大金を手に入れた。
するとどうだろう、自分の性格はどうあれ、
急に人々に肯定され、友人もでき彼女もできた。
(内面は変わっていない。
友情市場に対しての需要
"お金を持っている"という一点張りの価値で、友情市場に参戦した形となった)
⬇︎
この流れで
"金さえあれば全て手に入るのか。"
と思い込んだ可能性がある。
 
この仮説が正しければ、
彼は金を失った時に全て失う。
ああいう人間が、金を失うと
友や彼女さえ、全てを失う人間なのかもしれないな。
 
と解釈も自由にできる。
ーー 
 
 
このように、様々な場面で定義を応用できますね。
 
 
 
ひとつ、疑問に思われてる方もいると思われる問いの一つに
友情を"利用関係"とまとめてしまっても良いのか?という点ですが、
 
これはつまり、
【他人を利用するという事は悪い事なのか?】
という論点が潜んでいます。
 
これについては、今後記事を書いていきますが、私の定義のみ、述べておきます。
 
他人を利用する事は悪い事なのか?
強要ではない、本人の承諾があれば良い
これが私の定義です。
 
 
 
つまり、
外面に価値を感じ友人になるのも、
内面に価値を感じ友人になるのも、
相手が暗黙の了解をしていればOKという事です。
 
外面に価値を感じてるだけの人を友人にしたい人なんかいるか?
という問いには、『います』と答えます。
 
しかし、
人々が内面に価値を置いてくれているのだと感じてる人が、
実は外面に価値を置いている友人だった時
悲しみを感じる事については、
 
 
ここで説明は省略しますが、
人は自分自身を肯定して欲しい
と私は定義しており、
自分の内面に価値を見出してくれる
"本当の友達"の存在は、
自分の存在を肯定してくれる存在であり、
人が生きていく上で重要だと感じるものなのかもしれません。
 
この存在意義の定義については、今後記事にしていきますので、
今回は、『友達』というもののみについて述べて終わりとさせていただきます。
 
 
 
以上 
『本当の友達とは?』
について、紹介しました。
 
このように、
自分の定義を作成しておけば、
どんな問いを作っても
 
今回であれば『友情』について、
時間をかけずとも、
自分の答えを作ることのできます。
 
自問自答による『定義』というのは、
定義=数学の定理
のようなものであるのです。
 
 
 
 
 
 
後書き
 
 
人により、
本当の友達とは?
【困った時に助け合うものだ】
と定義する人がいます。
 
これは、私の定義では、
"仲間"と定義しています。
 
次回、『仲間とは?』について、
述べていこうと思います。
 
 
 
 
 
 
 
    
 
 
 
 
 
 

友達・親友・本当の友達とはなにか?『考察編』

ようこそ

 このブログは、自問自答をとおして、
『自分の人生を歩む事』をテーマに、

"友とは何か? 人生とはなにか?"
などの様々な難問に対し、
私自身の『定義』を作り
応用していく過程を公開する事で
 
ご覧になった方々の
思考のキッカケになる事を目的に作成しています。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
【前書き】(ブログをご覧になる前に)
私のブログの読み方 (※自問自答の方法 記載)

 

ーーーーーーー

f:id:shin-910710:20170227133440j:plain


 
私の定義
友達とは?   【友情価値の交換相手】
親友とは?   【気の知れた交換相手】
本当の友達とは?【"本人自体"に価値を置く交換相手】
本当の友達の本質【自身の存在の肯定】
友情とは?   【利害関係】
真の友達とは? 【家族関係にある友達】

 

ーーーーー
 私は以前の記事でこのように定義を作成していきましたが、
『考察編』では、定義作成までの流れをご紹介します。
 
(『考察編』は、実際に
『自問自答』をご自身で行っていただき、
テーマの本質をあぶりだす流れを体験していただく事を目的としていますので、
私の自問自答につきましては、
参考としてご覧ください。)
 
自問自答の方法については、
私のブログの読み方 をご参考ください。
 
❶世の中の『定義』を集める
 
まず、友達以前に友情の定義も探し出しておきます。
引用:wikipedia
友情とは?
共感信頼の情を抱き合って互いを肯定し合う人間関係、もしくはそういった感情のこと。
友達同士の間に生まれる情愛のこと。しかし、
それはすべての友達にあるものではなく、自己犠牲ができるほどの友達関係の中に存在する。
 
まとめると【信頼・情愛・肯定しあう関係・慈悲】が友情なのだと言っています。
 
私の定義に慣れてきた方には伝わると思いますが、
何とも疑わしい”定義”ですね。曖昧で、ふわっとした表現で、本当にそうか?
と言いたくなる文面です。 
 
 こちらは友人の定義です。
引用:辞書
友人とは?
勤務、学校あるいは志などを共にしていて、同等の相手として交わっている人。友人。
まとめると
同じ趣味・同じ目的・同じ場所など共通点があり対等】の人と言っています
 
対等じゃなきゃ友達じゃない。と言ってます。
 
本当にそうでしょうか?
私の感じている友人や友情というテーマは、こんなさっくりとしたものでは
ないと感じます。
 
 
 
以上参照しましたが、
みなさんが見ている”情報”というのはこんなに曖昧な表現で物事をふわっと表現している事がお分かりになると思います。
 
 
 
 
では、 
いつも通り、例を出していきます。
 

❷言葉の使用例等を集める

 
友人が金の催促をしてくる お金がないというと連絡がなくなった
お金の催促をしてくる奴は関わりたくないし、友人ではない
友人が遊びに誘ってくる 遊びの”誘いにのり”一緒にでかけた ←承諾
歳の離れた趣味が共通の友人が入る 
私の友人はいいやつである
私の友人は悪い奴であるが、私にとっては好都合である
私の友人は金持ちでエリートだ。誇らしい
私の友人は貧乏だ。お金の事ばかり話をするため、縁を切ろうと思っている
私の友人は無職になったらしい こんな時こそ支えてあげるのが友人だ。
私の友人は無職になったらしい。関わると面倒だから連絡を無視しよう
私の友人は素行が悪くなったらしい。私の評判に影響するので関係を控えよう
私の友人は素行が悪くなったらしい。彼にもいろいろあるのだろうから優しく声をかけよう
私の友人は素行が良くなったらしい。昔の恨みがあるが、関係を再開しよう 
私の友人は素行が良くなったらしい。素行が良い彼は面白くなくなったので関係をやめよう
・・
 
友人と言うテーマは例が膨大に出てきますね。 
以下まとめます。
・お金持ちでも貧乏でも友人 
・いい奴でも悪い奴でも友人 
・職があってもなくても友人 
・誇らしくても誇らしくなくても友人
 
つまり友人というのは、
必ずしも性格がよくお金持ちでエリートでなくとも、
クズで貧乏で底辺な友人もありうることがわかります。
 
 
 

❸仮説をたて、確定させていく

仮説①
『友人に対して求める価値は人それぞれ違う』 確定
と言う事が言えると思う。
 
正しいだろうか?
素行が悪いのにその友人と付き合いを続ける理由は何だろうか?
きっと素行が悪くても付き合える魅力がその友人にあるのだろう
 
お金を要求してくるクズ友人でも関係を切らないのは何でだろうか?
クズだとしても、その友人に価値を感じている何か魅力があるからだろう。
 
この仮説は正しいように思う。
①確定 (正しい。しっくりくると思った時点で仮説は確定してOK)
 
確定したら仮説の横に確定と書くとわかりやすいです。
 
 
 
よし、
このそれぞれの友人に求める需要を
『友情価値』* と名付けよう
 
何度も同じ事を考えると時間がかかるし、
 価値や需要という言葉は幅が広すぎるため、
 このように自分なりの言葉を作っていき、公式  として使用すると
「応用」に便利になるので是非活用してほしい。
 
 
仮説② 
『友人とはそれぞれ価値を感じあっている者同士が、その価値をもらう代わりに
もう一方の価値を提供しているのではないか? (交換)確定
 
 
「友人Aの持つお金」に価値を感じている者がいたとして、
その「A」はもう一方の『Bの性格』として価値を感じていたとする
 
では、BはAがお金を失った時に関係を続けるのだろうか?
BはAのお金に価値を感じていたのであり、
Aの性格や人間に友情価値を感じていたわけではない事になる。
 
となると、Aは友人関係を続けたいが、
Bは友人関係をやめたい 
という話になってくる 
 
そして、友人関係というのは片方が縁を続けたくないと思うと
終わってしまうものだ。
 
よって少し編集して確定
 
友人関係とは"価値の交換"で、
   双方の暗黙の承諾によって成り立っている契約のようなもの確定
 
 
ある程度仮説が固まってきたら、定義を作ります。
 
 

 ❹出た定義を覚えておく

友人とは?
友情価値(それぞれの需要)の交換
 
いかがでしょうか?
 
 
このようにして、
さらに考察していき。
友情とは?親友とは?本当の友達とは?という定義を作成しましたが、流れは同じような流れになります。
 
 
 
ぜひ、あなたもやってみてください。
 
あなたのそばにいるのはあなたの本当の友人でしょうか?
また、あなたはどんな友人に価値を感じ、
あなたの友人はあなたのどんなところに価値を感じているのでしょうか?
 
 
以上考察編を終えます
 
 
 

友達・親友・本当の友達とはなにか?『定義編』

 

ようこそ
 
 このブログは、自問自答をとおして、
『自分の人生を歩む事』をテーマに、
 
"友とは何か? 人生とはなにか?"
などの様々な難問に対し、
私自身の『定義』を作り
応用していく過程を公開する事で
 
ご覧になった方々の
思考のキッカケになる事を目的に作成しています。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
【前書き】(ブログをご覧になる前に)
私のブログの読み方 (自問自答の方法 記載)
ーーーーーーー

f:id:shin-910710:20170222190304j:plain

友達ってなんだろう?
良い友達ってなに?
世間では友人は財産だ。
友人がいないやつは惨めだ。
友人はいらない。
友達100人欲しい。
趣味友達
友人は面倒
1人しか友人がいないのはリスクがあるからリスク分散として10人は作る
 
様々な友人に対する意見を聞きます。
では、そもそも、友人とはなんでしょうか?
 
話を聞いてくれる人?
相談に乗ってくれる人?
困った時に助け合う人?
ただのツール?
 

あなたにとって『友人』とはなんですか?

 
  

それでは、私の"定義"をご紹介します。

 

 
友達とは?
友情価値の交換相手
友達というのは、交換契約のお客さんのようなもの商品は自分である。
 
友情価値とは?友人に求める個人間の需要と供給の事
例)・人格の良さや悪さ  
  ・金持 貧乏 ……
 
つまり、自分が友達に提供できる価値を交換するという事である。 
例を出しておく。
(Aさんの需要『性格の良い友達が欲しい』
 Aさんの供給『無名』
 Bさんの需要『有名人の友達が欲しい』
 Bさんの供給『Aにとって性格がいい』
 
この場合
AさんにとってBさんは価値があるが、
BにとってAは価値がない。よって別の需要をBさんがAに感じなければ、
交換が成り立たないため、友人関係に発展しない。
 

 

契約というのは双方が合意する事によって成立する。黙示の友情契約という事だ。
 
先に言ってしまうと、
友達というのは金で買える本当の友達は金では買えない
こういった違いがある。以下を見ていってほしい。
ーーーーーーーーーーー
 
親友とは?
気の知れた交換相手
 
親友というのは親しいだけ。つまり、気を使わないだけである。
仲のいいお客さんといったところだろうか。
お客さんであるから当然、親しい仲にも礼儀ありなのだ。
 
親友=私の定義の本当の友達 と定義する者もいるが、混乱しやすいので、
親友に特別な意味を持たせなかった。
 
本当の友達とは?
本人自体”に価値を置く交換相手
 
本人自体の価値…
   ・ありのままの本人
   ・本人の内面(本当)
    (ありのままのくだらない自分を知った上で価値を感じてくれている等)
  … 
 
それ以外の友情価値
    ・金持ちだから友達
    ・有名だから友達
    ・肩書きがあるから友達
    ・本人の外面(仮面・虚栄)
     … 
 
家柄がいいから友達。金を持っているから友達。というのは
金やその地位と友達になっているようなものだ。と表現する者もいる。
 
この定義のポイントは、本当の友達は人間に限らない。という事である。例えば、飼い犬(愛情を返してくれるタイプのペット)は高い確率で本当の友達となりうる。
  
 
 
結局のところ
友情の本質とは?
利害関係
 
本当の友達の場合も利害関係であるところに変わりはない。
友情とはただの利害関係なのだ。
 
友達と交換している物を思い浮かべてほしい。
あなたの悩みを聞いてくれる?
あなたが気を使わなくていい?
一緒に遊びに言ってくれる?
趣味があう?
同じくらいの経済レベル?
お金を持っている?どこどこ会社の人?
全てあなたは友を利用し、友もあなたの存在を利用しているだけだ。
それ以上もなにもない。
 
 
 
とはいえ皆さんは、本当の友達関係に暖かみのようなものを感じないだろうか? 
これは、人が普遍的に求めているものだと私は定義しているもので、ゆっくりこのブログをとおして、解説していく。
本当の友達の本質?
存在の肯定(繋がり)
人は本来例外なく"繋がり"を求めるが、
成長のために"繋がり"を断ちきり、"ぬるま湯や馴れ合い"と呼ぶ者もいる。
 
繋がりを欠く状態は、喫煙よりも体に悪いという情報も世には出回っている。繋がりについては、今後定義していく。
 これを、人は普遍的に『』を求めている。と表現する者もいる。
 
納得いかない人もいると思うので、
一応理想的な真の友達というのを作ってみたので、紹介しておこうと思う。
の友達とは?
家族関係にある友達
 
家族の定義で紹介するが、
一般的イメージの家族とは、強固(切れない)な仲間関係の事である。
 
家族関係では血の繋がりが縁となっているが、友人の場合血の繋がりがない。なのにその縁がきれないという
(切れない物理的理由はないが、どうしても縁が繋がってしまう。腐れ縁)ような友人を、真の友人と定義した。
 
この関係性は、
支え合いの関係にあるため、自分がいないところでも、お互いの世間体や名誉をフォローしあったりする。なおかつ、切っても切ることのできない絆で結ばれた友人といったところだろうか。
が、正直こんな人間は滅多にいないだろう。
 
切ろうとしても切れない友人等いるのだろうか?散々相手を否定し、快楽に溺れ、犯罪者になり、人に迷惑をかけ、相手の家族を犯罪に巻き込んだりするなどして、一生懸命切ろうとしたとしても、切れない。
そういった関係が友人の間に通常生まれるだろうか?
 
血の繋がりがあるわけではない。
戸籍が同じわけでもない。
なので、合意で成り立った、
解除できない契約関係』というわけである。
 
こんなハイリスクな契約を結ぶ仲の人間等、現れるものなのだろうか?
甚だ疑問だが、そういう美しい友情もあると信じるほうが、明るく生きられそうだ。
 
 
 
以上『友達』について述べたが、
そもそも、世間では友達という関係を崇拝しすぎなのだという事が結論付けられると思う。
友達関係とは通常、ただ自分を認めてもらいたいだけの人間と、ただ人を利用したい者たちの集まりなのだ。 
 
 
 
友達がいない事で悩んでいるあなたは、はたして
友達市場の調査を綿密に行っているのだろうか?
 
また、
あなたが求めているのは自分の人生を快適にしてくれる『道具』だろうか?
お互いを肯定しあう『繋がり』だろうか?

 

 
友達とは、助け合う関係。という者があるが、
それについて、私は仲間と定義したので、そちらを参照してほしい。
 

 

  

 

 

価値とはなにか? 『応用編』

ようこそ
 
このブログでは、
”人生とはなにか?生きている意味?”等
様々な難問に対し、
私自身の『答え=定義』を作り
応用していく過程を公開する事で
 
ご覧になった方々が
”悩みを解決"
"幸せになる"
"強くなる"
”『自分の人生』を歩む"
”世界を理解する"
 
その他様々な場面で必要になる
 
"『考える力』を養う" 
それらを目的に作成します。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
【前書き】(ブログをご覧になる前に)
私のブログの読み方 (※自問自答の方法 記載)
f:id:shin-910710:20170220000155j:plain
 
価値値とは?
 
需要と供給のバランス
 
価値があるとは?
価値の"ある""なし"は、
無数に基準が存在し、明確な答えはない。】
 
私の価値がある基準を決めるとするなら?
需要が少しある時点で価値あり
ーーーー
 
 
このように、定義編で紹介していきました。
 
今回は、この価値について、もっと深く考察し、応用していきます。
 
 
 
価値とは?
【需要と供給のバランス】
と私は定義しましたが
なんの需要と供給なのか?というのは書いていません。
 
なぜなら、価値には、無数の種類があり、
需要と供給の関係が成り立てば、どこにでもあてはまるからです。
 
交換価値 
労働価値
希少価値
利用価値 
商品価値
サービス価値
・・・
 
"需要と供給の関係"がありうるなら、どんなものでもあてはまります。
 
 
 
この例を使って、面白いものを考えてみましょう。
 
 
 
 
 
 
 
私の定義の価値を理解しやすいであろう、
特殊な例として、
 
友人価値
を考えてみます。
(友人としての価値です。)
 
 
 
 
 
あなたは今大学1年生です。
 
あなたは新たな土地の大学で、友人がいない人間だと仮定してください。
さて、突然ですが、
どうすればあなたには、友達ができるでしょうか??
 
 
 
友達なんて簡単に作れると思う人がいる反対で、
友達なんてどうやって作るのだろう?
と考える人がいるかと思います。
 
 
私の定義では、答えはとても簡単です。
"友達としての需要"を満たせば良い。
という事になります。
 
需要とは例えば、 
 
・話を聞いてくれる
・金を持っている 有名
・性格が合う 
・趣味が合う
・面白い
・安い 軽い 利用しやすい
・見下す対象 自分に自信をつける引立役
・ライバル 研鑽しあう仲
 
その"供給"できる価値が少数であればあるほど
あなたは他人にとって重要な友人となります。
 
例 
・超有名人 又 その子供
・女遊びを繰り返しとても女性に詳しい
    情報通
・大金持ち 資産家
・とても性格が合う
・相手の悪いところも全てを知っている
   それなのに相手を受け入れている
・とても面白く、魅力的
・育ちがとても似通っている
 
これら、需要を調べ、満たせば良いだけです。
この需要を調べる事を世では
 
市場調査といいますね。
 
そして満たす。
需要があれば人は寄ってきます。
寄ってこなくても、
 
・シャイだから、自分話しかけてくれて、
学生生活を一緒に過ごしてくれる気があう人がいればいいのに。
 
という需要を持つ人がいたとすれば
その人にたまたま話しかければ友達になる事もあるでしょう。
 
 
 
 
と、
ここで、違和感を感じた方はいらっしゃるかと思います。
 
そう、
それ、友達って言えるのか??
 
金で誘った友達は友達なのか?
 
有名だから寄ってきた人間は友達なのか?
という違和感でしょう。
 
 
 
世の中には、友人がいない事で悩み、友人が多い事で誇らしい人がいます。
 
 
世の中には、友人は道具だと思う人がおり、友人は財産だと思う人がいます。
 
友人とはいったいなにか?
 
 
それは次回、じっくり、定義からお話していきたいと思います。
 
 
 
 
今回は価値についての応用でしたが、いかがでしたでしょうか?
 
 
 
この『価値』についての定義は、
経済学そのものであり、
今後色々な場面で応用していきますので、
ぜひ、活用してみてください。
 
 
 
 
後書き
 
身近なものを紹介
 
『労働価値』
欲しい労働力に対する供給量
高度な能力))*1*2*3((一つしかない。
=超高額な値
 
 
『私は価値のない人間だ。』と悩む人。
私の定義では、価値のない人間などいない。
需要を知らないだけ。つまり、市場調査が足りていないだけ。

*1:難関資格で合格者が少ない=

労働価値が高く、給与も高い
簡単な作業

*2:健康であればできる=

労働価値が低く、給与も低い
 
『商品価値』
欲しい商品に対する供給量
斬新なデザインの商品

*3:斬新故に多売してない。=値段が高い

 
『希少価値』
人類の歴史や変革を象徴する遺物