自問自答の方法

『考える力を養うブログ』

『考える力』とは?

 

f:id:shin-910710:20170219235523p:plain

 
 
 
私の言うところの
考える力とは?
【記憶力であり、記憶力がない人は考える力がない。】
(考える力とは、創造する力でもひらめく力でもなく、頭の中で問答を延々と続ける力)
 
 
通常人は
自問自答してもその内容を忘れてしまう。
なので、後日同じ問を何度も何度も繰り返してしまう。
故に、"考える力がない人々"が存在している。
 
記憶力の問題は容易くカバーできる問題ではない。その解決策として…
 
自問自答の準備物
【紙とペン 又 電子ノート メモ帳を用意する】
 
これだけで、考える力がグッとあがります。
 
そこからさらに、このブログでは、
自問自答の方法を確立しました。
この方法により導き出した定義を覚えていくことにより、
バラバラになった自分の思考を要約し、濃密なものにしていく
事が可能になります。
 
もちろんまだまだ未熟で発展途中であり、
改良を常に加えておりますが、
 
生きていくうえで利用する分には、
間違いなく試す価値のあるものになってきていると確信しています。
 
私の拙い文章力で、
世の偉人たちの説いた自問自答や自省の偉大さを、伝えられれば幸いです。
 
  
 
 
 
 
 
私は初めに
時間をかけて、自問自答とはなにか?
と考えている(自問自答)うちにふと、一つのことに気づきました。
 
それは、とても早いスピードで
"人は思考していたことを忘れていく"という事" です。
 
 
思考の整理学 :外山滋比古  にはこうあります。
頭をよく働かせるには、この"忘れる"ことが、極めて大切である。
頭を高能率の工場にするためにも、絶えず忘れる必要がある
 

 

どうやら、人はそもそも忘れる必要があるようなのです。
筆者は、現代は倉庫のように頭を使うのではなく、工場のように無駄なく知識を組み合わせ、創造するのだと述べています。
 
 
確かに
無駄な知識は忘却し、
その他新たな素材と合成し、アイディア、すなわち創造する事は、PCや人工知能の発展が目覚ましい現代では、人とロボットを分かつうえで重要な思考回路となるのでしょうが、
 
 
いざ試験勉強や自問自答等となると、この"忘却"は大敵となります。 
この壁が自問自答を行う際に立ちはだかりました。
 
問いを重ねると、先の問答を忘れてしまうのです。
 
 
 
ここで、
別の学びの話をします。
この世界では約2割ものを深く考える人が存在し
約8割の人々はものを深く考えない人というデータがあるそうです。
事実は研究者のみぞ知るのでしょうが、
私は妙に納得し
あくまでも仮説ですが、このデータを参照する事にしました。
 
そこで、
8割の人々は、本当にものを考えていないのだろうか?
 
私は疑問に思いました。
『一度しかない人生について後悔しないためにはどうすればよいか?』
『自分らしく生きるにはどうすればよいか?』
 
深く考えたいけど、答えが出ない。
なぜだろう?
そう悩んでいたのが私自身であり、
『考えようともしない人など本当にいるのだろうか?
そんな人はいるはずがない。人が自ら思考を放棄するはずがない。』
と若い私はこじつけのように考えました。
(実際は思考放棄をする人もいますが。)
 
そこで、先にあげたた"忘却"の話を思い出し、
 
もしかすると
”考えない"
のではなく、
"考えることができない”
のではないか?
なぜなら
考えていた問を忘れてしまうから”
 
そして、ものを深く考える事が出来る人は
は、”以前した思考を忘れない”のではないか?という仮説を立てました。
 
つまり、私は”考える人と考えない人”の差異を
「”記憶力”の差"」 だと考えたのです。
 
そこで・・私は絶望しました。
私自身が”考える力=(記憶力)がない”のだという事に。
なぜなら、日頃から
例をだせばキリがないのです。
 
私は見たものすべてを記憶する人を何人も見た事があります。
しかし私は、昨日食べた夕飯を忘れる始末
昨日の午後8時ごろ何の番組をテレビでやっていて、誰が出演していたのか?
そんなことは全然覚えていません。
 
それと同じように、「自問自答の問いや途中の答え」を忘れてしまうのです。
 
では、"考える力(記憶力)のある人"しか「自問自答を繰り返す」
ことはできないのでしょうか?
考える力のない人は諦めるしかないのでしょうか?
 
もちろん、そんな事はありません。
対処法として、私が自問自答する際に又ものを考える際に”推奨する方法”があります
 
それが、
【①紙に書く 又 PCのノート等に書く】
(紙だと書くのに時間がかかるため、
タイピング出来たほうがより早く自問自答できます。)
 
 
 
なんだ・・・
とお思いでしょうか? 
 
そうです。心理カウンセラーの方等も、患者の思考を整理し落ち着かせ
心を安定させる時などに使用される方法だそうですが、これが常人の”とても手軽な思考方法”なのです。
記憶力の問題はすぐにカバーできる問題ではありません。しかし、考えたことを忘れるというのは問題があります。でしたら文章で残せばいい。と、単純な話なのです。
 
大胆な仮説で、曖昧だとお思いな方は多いのではないでしょうか?
私自身もこんな単純な筈はないだろうと考えておりました。 
しかし、こうして大胆に憶測データを参照し、
仮説を立てて自問自答を実践していくうちに、
仮説がある程度的を得ている可能性を感じ始め。 
それはだんだん確信へと変化していきました。
 
 
 
 
どうやら回りくどいな。。と思われた方もいらっしゃるかと思います。
 
しかし、なぜ紙をつかって自問自答をするのか
それを理解しておくことが、私のような"考える力"のない人間
思考方法を確立させるための、第一歩にもなるのです。
 
  
 
後書き
【自分で出した定義も
経験や知識の吸収により、変化する事がある】
(パラダイム転換:引用 7つの習慣 スティーブン・R・コヴィー)
 
ということも覚えておくと役に立つと思います。
 

 

7つの習慣-成功には原則があった!

7つの習慣-成功には原則があった!