自問自答の方法

『考える力を養うブログ』

幸福とはなにか? 『考察編』

 
ようこそ
 
このブログでは、
人生とはなにか?生きる意味は?
など、人類の難問に正面から
私自身が問いを投げかけ【私の定義】を作成し、公開する事により
 
人類の子孫(人類の後輩)たちが
・人生の早い段階で世界を解釈し
・自分自身の『意見』を形成し
・後悔のない人生を歩むために
・料理(作品)の食材(知性)として、誰かの役に立つために・・etc
作成します。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーー

f:id:shin-910710:20170219235652j:plain

今回は、幸福とはなにか?についての定義。
 
幸福とは? 【継続的満足】
幸せとは? 【満足 】
 
ー以下は『応用編』で解説
幸福になるには?
【満足基準を満たす】
手っ取り早く幸せになるには?
【満足基準を下げる】
ーーーーーーーー
 
についての解説もこみで、
自問自答の方法についても、軽く紹介していきます。
 
 
 
❶【】の中の文字について。
"私の定義" です。
私が自問自答をした結果作った私のその物事に対する認識。
 
❷以前の記事での"私の定義"についての
ー実践的説明ー
 
 
幸福とは?をネットで検索すると
幸福とは、心が満ち足りていること[1][2]。幸せ(しあわせ)とも。人間は古来より幸福になるための方法に深い関心を寄せてきた。
後々かの、『幸福論』などの引用などなどがでてきます。
 
辞書などでは
【[名・形動]満ち足りていること。不平や不満がなく、たのしいこと。また、そのさま。】
出典:辞書
 
とでてきますね。
 
 
 
これを記載し、なにを伝えたいか?と言うと、
 
今回の一場合である、色々な場所に書いてある、
『幸福』についての定義や説明は、それぞれ微妙にちがうのです。これはどの概念の
自問自答の質問においても同じです。
 
例えば、
Wikipediaでは、
心が満たされるとは言うが、心とはなにか?については、他で探さなければならなくなりますね。
心ってなんだよっていう。
 
②また、辞書では不平不満がなく楽しければ幸せだと書いてありますが、本当に万人がそうだと幸せだなのか?と私ならなります。
 
 
 
私の幸せの定義は、
【満足 =満ち足りている事】
 
 
と考えると、私の定義は今回たまたま辞書と一致しています。
しかし、これはたまたまです。
辞書を書いた人と私の幸福に対する定義が同じなだけです。
 
ここがとても重要です。
 
 
 
以上見てきたように、
その物に対する定義は無数にある事がわかります。
以前の記事でのカーテンの話と同じですね。
カーテンを作った人は光を遮る為に作ったとしても、カーテンを"掛け布団"と定義づけしても良いように。
 
『幸福』という言葉を作った人の定義はどうあれ、『幸福』という言葉をどう捉えても良いということになりますね。
 
❷終わり
 
 
❸それではさっそく、
自問自答の方法?
についてのべます。
 
自問自答はその名のとおり、自問自答していきます。まず、
①辞書などの定義を集めてまとめます。
 
心が満たされていること
不平不満がなく楽しいこと
満ち足りていること
・・・
 
次に
 
②その言葉の使用例など様々な例をならべます。
どちらもできるだけ多く並べましょう。
 
○○って幸せだなー
○○だから幸せ
○○を手に入れてる幸せになりたい。
元気なだけで幸せ
幸福な人
幸福の会 
・・
 
 
これに一つ一つ辞書などの定義を当てはめていってください。
 
私の場合は
満ち足りている事。という部分が文章としっくり違和感なく、合致しました。
違和感がなければ、その辞書に書いてある定義が、あなたの定義ともいえます。
 
しかし、
『○○をして幸せ』
という例の場合と、
『○○をして幸福』
という例を並べてみたときに、、
私の場合、違和感を感じました。
("違和感"が大事です!違和感から自問自答の質問を組み立てていくからです!
違和感がない人は、それそのものが定義となってokです。)
 
 
そう、
私の"経験"や"直感"として、その言葉の定義や解釈に違和感がありました。
『○○をして、幸福』という言葉に対する違和感です。
 
ん?そんな使い方するか?
 
と私が感じた場合ですね。
 
 
 
 
こういう場合は、
③一旦、仮説をたてます。
今回の場合
『a幸福と幸せ に対する私の定義は違う
b幸福と幸せ に対する社会一般の定義が違う
c・・・etc
『d幸福と幸せ に対する社会一般の使い方に違い
e幸福と幸せ に対する発言者の使い方に違い』
 
こんな感じです。
 
この一つ一つを考えていきます。
(直感で自分の答えに気づいた場合は、一気にその仮説に飛んで大丈夫です!
この"直感"が最も大事です。)
 
 
a幸せは満ち足りている事 
幸福は満ち足りている事 どっちも同じ意味?
違和感なし 同じだと思う。
では言葉の意味に違いは?
ない。よってaはx 
私にとって意味は違わない。
⬇︎
以下省略する
(私の場合、
ん?社会一般=辞書=私の定義だよな?
ということは、、社会の定義と私の定義は同じはず。
 
では使い方に違いがあるのでは?
 
⬇︎ 仮説調べは直感があれば一気に 飛んでok
 
 
d 社会一般の定義は=辞書である。
よって定義に違いはない。
 
常識的な使い方として、
○○って幸せとは言っても、
○○って幸福とは言わない。
 
という人は多いか?少ないか?
(この場合 身近な人や、ネットなどで調べたり
し、あなたの現在の経験とも比較しましょう,あなたがそう思えばそれが答えになります。)
 
多いと思う
つまり定義はどちらも同じだけど、
その言葉の使い方に違いがある。
 
ここで 『!!』
私はしっくりきます。
 
 
しっくりきた場合は、
そのしっくりきた情報を使って
仮説をさらに新たに作る。
 
⬇︎
『aこの場合の幸せは刹那的な満足。
幸福は継続する満足という感じの
使い方の違いがあるのではないか?』
 
この仮説に対し、違和感はあるかないか?
ない。
 
よって、
これこそが、私自身の答えという事になります。
 
それをわかりやすく一言にすれば。
 
世の中で言うところの、
幸福とは?【継続的満足】
幸せとは?【満足】
と言うことになります。
 
 
 
以上まとめます。
 
①辞書などの一般的な定義を集める
(常識 辞書 Wikipedia 一般論)
 
②たまに耳にするような使用例
諺や四字熟語 
人々のそれぞれの定義を集めます
 
③それらに仮説をたててしっくりくるもの。
違和感のないもの。 をさがします。
 
④③を繰り返す。
 
⑤出た答えをメモしておく。
 
文が長くなってしまいましたね。
これが自問自答の方法の説明終わりになります。
 
 
お疲れ様でした。
 
長々と書きましたが、
自分の定義を作成した後、
さらに、『応用編』にうつります。
 
定義を用いることにより、次の記事のような答えを導き出す事ができるようになります。
お楽しみに。
 
 
 
後書き
Wikipediaなどで、『幸福論』などの書籍の引用がある理由は、
そもそも幸福ってなに?
という哲学においての、『原理』の話に繋がるわけですね。
つまり、
人々が幸福とはそれ以外に言うことはできないという、究極の正解を探して、話し合い、導き出す答えというものであり、
私の定義とは関係ないわけです。
そんなのは勝手にやっててくれ。
 
というわけで、つまり『哲学』の他人皆が納得せざるを得ない定義は実際、複雑で難しくて、そもそも、それを知らなければどうでもよくて、

 

自分で哲学した上での自分の定義のほうが、生きる上で大事なんですね。