読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自問自答の方法

『考える力を養うブログ』

私のブログの読み方

f:id:shin-910710:20170317224859j:plain


幸福とはなにか?の定義を終えて
1回目の定義の記事を書き終えましたが、

今回、
私のブログ記事の読み方について参考にしていただけたらと思います。



①『定義編』の読み方


定義編には、読んで字のごとく、
『私の定義』そのもの(私の定義とは?の記事 参照)
を載せますので、

単純に、
・しっくりこない方は本質観 世界観が私と違う方です。
・しっくりくる方は本質観 世界観が近い方ですかね。

私のような考えの人間がいるという事実の確認もできますし、
定義を見てしっくりくる方は、同じような本質観をお持ちなので、

それをそのまま記憶しておけば、様々な場面で応用して思考する事も可能です。

つまり、私の定義についての、解釈や使い方は人それぞれです。

自分の人生を振り返る考えるきっかけに。
悩みを解決するためのパーツとして。
目的を達成するための素材として。
多角的なものの見方を身につけるために。

好き好きに読んでいただけると幸いです。




②『考察編』の読み方

考察編は、
『私の定義作成時の自問自答の流れ』等を記載しています。

つまり、定義の作り方、作る過程の紹介です。


思考が苦手な人や、
定義作成をしてみたい方など、

ところどころ説明を省く箇所もありますから、参考程度にご覧ください。


自問自答の方法を簡略化し、紹介しておきますー

紙とペンを用意する
辞書などの一般的な定義を集める
(常識 辞書 Wikipedia 一般論)

たまに耳にするような使用例
   諺や四字熟語 
   人々のそれぞれの定義を集める

それらに仮説をたててしっくりくるもの。
    違和感のないもの。 をさがす。

③を繰り返す。

出た納得のいく自分の答え=『自分の定義』をメモしておく。
ーー





③『応用編』の読み方

応用編は、定義を作成すると、どのような活用ができるか?
という私の実践について、紹介しています。

定義を作るということがどんな思考につながっていくのか?というのを実践込みで紹介していきます。

ここができはじめると、これまで思考していなかった人は、見える世界が変わり始めます。

それではごゆっくりご覧ください。