自問自答のすすめ

『人生が変わる。自分を変える。』

友達・親友・本当の友達とはなにか?『定義編』

 

ようこそ
 
 このブログは、自問自答をとおして、
『自分の人生を歩む事』をテーマに、
 
"友とは何か? 人生とはなにか?"
などの様々な難問に対し、
私自身の『定義』を作り
応用していく過程を公開する事で
 
ご覧になった方々の
思考のキッカケになる事を目的に作成しています。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
【前書き】(ブログをご覧になる前に)
私のブログの読み方 (自問自答の方法 記載)
ーーーーーーー

f:id:shin-910710:20170222190304j:plain

友達ってなんだろう?
良い友達ってなに?
世間では友人は財産だ。
友人がいないやつは惨めだ。
友人はいらない。
友達100人欲しい。
趣味友達
友人は面倒
1人しか友人がいないのはリスクがあるからリスク分散として10人は作る
 
様々な友人に対する意見を聞きます。
では、そもそも、友人とはなんでしょうか?
 
話を聞いてくれる人?
相談に乗ってくれる人?
困った時に助け合う人?
ただのツール?
 

あなたにとって『友人』とはなんですか?

 
  

それでは、私の"定義"をご紹介します。

 

 
友達とは?
友情価値の交換相手
友達というのは、交換契約のお客さんのようなもの商品は自分である。
 
友情価値とは?友人に求める個人間の需要と供給の事
例)・人格の良さや悪さ  
  ・金持 貧乏 ……
 
つまり、自分が友達に提供できる価値を交換するという事である。 
例を出しておく。
(Aさんの需要『性格の良い友達が欲しい』
 Aさんの供給『無名』
 Bさんの需要『有名人の友達が欲しい』
 Bさんの供給『Aにとって性格がいい』
 
この場合
AさんにとってBさんは価値があるが、
BにとってAは価値がない。よって別の需要をBさんがAに感じなければ、
交換が成り立たないため、友人関係に発展しない。
 

 

契約というのは双方が合意する事によって成立する。黙示の友情契約という事だ。
 
先に言ってしまうと、
友達というのは金で買える本当の友達は金では買えない
こういった違いがある。以下を見ていってほしい。
ーーーーーーーーーーー
 
親友とは?
気の知れた交換相手
 
親友というのは親しいだけ。つまり、気を使わないだけである。
仲のいいお客さんといったところだろうか。
お客さんであるから当然、親しい仲にも礼儀ありなのだ。
 
親友=私の定義の本当の友達 と定義する者もいるが、混乱しやすいので、
親友に特別な意味を持たせなかった。
 
本当の友達とは?
本人自体”に価値を置く交換相手
 
本人自体の価値…
   ・ありのままの本人
   ・本人の内面(本当)
    (ありのままのくだらない自分を知った上で価値を感じてくれている等)
  … 
 
それ以外の友情価値
    ・金持ちだから友達
    ・有名だから友達
    ・肩書きがあるから友達
    ・本人の外面(仮面・虚栄)
     … 
 
家柄がいいから友達。金を持っているから友達。というのは
金やその地位と友達になっているようなものだ。と表現する者もいる。
 
この定義のポイントは、本当の友達は人間に限らない。という事である。例えば、飼い犬(愛情を返してくれるタイプのペット)は高い確率で本当の友達となりうる。
  
 
 
結局のところ
友情の本質とは?
利害関係
 
本当の友達の場合も利害関係であるところに変わりはない。
友情とはただの利害関係なのだ。
 
友達と交換している物を思い浮かべてほしい。
あなたの悩みを聞いてくれる?
あなたが気を使わなくていい?
一緒に遊びに言ってくれる?
趣味があう?
同じくらいの経済レベル?
お金を持っている?どこどこ会社の人?
全てあなたは友を利用し、友もあなたの存在を利用しているだけだ。
それ以上もなにもない。
 
 
 
とはいえ皆さんは、本当の友達関係に暖かみのようなものを感じないだろうか? 
これは、人が普遍的に求めているものだと私は定義しているもので、ゆっくりこのブログをとおして、解説していく。
本当の友達の本質?
存在の肯定(繋がり)
人は本来例外なく"繋がり"を求めるが、
成長のために"繋がり"を断ちきり、"ぬるま湯や馴れ合い"と呼ぶ者もいる。
 
繋がりを欠く状態は、喫煙よりも体に悪いという情報も世には出回っている。繋がりについては、今後定義していく。
 これを、人は普遍的に『』を求めている。と表現する者もいる。
 
納得いかない人もいると思うので、
一応理想的な真の友達というのを作ってみたので、紹介しておこうと思う。
の友達とは?
家族関係にある友達
 
家族の定義で紹介するが、
一般的イメージの家族とは、強固(切れない)な仲間関係の事である。
 
家族関係では血の繋がりが縁となっているが、友人の場合血の繋がりがない。なのにその縁がきれないという
(切れない物理的理由はないが、どうしても縁が繋がってしまう。腐れ縁)ような友人を、真の友人と定義した。
 
この関係性は、
支え合いの関係にあるため、自分がいないところでも、お互いの世間体や名誉をフォローしあったりする。なおかつ、切っても切ることのできない絆で結ばれた友人といったところだろうか。
が、正直こんな人間は滅多にいないだろう。
 
切ろうとしても切れない友人等いるのだろうか?散々相手を否定し、快楽に溺れ、犯罪者になり、人に迷惑をかけ、相手の家族を犯罪に巻き込んだりするなどして、一生懸命切ろうとしたとしても、切れない。
そういった関係が友人の間に通常生まれるだろうか?
 
血の繋がりがあるわけではない。
戸籍が同じわけでもない。
なので、合意で成り立った、
解除できない契約関係』というわけである。
 
こんなハイリスクな契約を結ぶ仲の人間等、現れるものなのだろうか?
甚だ疑問だが、そういう美しい友情もあると信じるほうが、明るく生きられそうだ。
 
 
 
以上『友達』について述べたが、
そもそも、世間では友達という関係を崇拝しすぎなのだという事が結論付けられると思う。
友達関係とは通常、ただ自分を認めてもらいたいだけの人間と、ただ人を利用したい者たちの集まりなのだ。 
 
 
 
友達がいない事で悩んでいるあなたは、はたして
友達市場の調査を綿密に行っているのだろうか?
 
また、
あなたが求めているのは自分の人生を快適にしてくれる『道具』だろうか?
お互いを肯定しあう『繋がり』だろうか?

 

 
友達とは、助け合う関係。という者があるが、
それについて、私は仲間と定義したので、そちらを参照してほしい。