自問自答の方法

『考える力を養うブログ』

友達・親友・本当の友達とはなにか?『考察編』

ようこそ
 
このブログでは、
”人生とはなにか?生きている意味?”等
様々な難問に対し、
私自身の『答え=定義』を作り
応用していく過程を公開する事で
 
ご覧になった方々が
”悩みを解決"
"幸せになる"
"強くなる"
”『自分の人生』を歩む"
”世界を理解する"
 
その他様々な場面で必要になる
 
"『考える力』を養う" 
それらを目的に作成します。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
【前書き】(ブログをご覧になる前に)
私のブログの読み方 (※自問自答の方法 記載)

 

ーーーーーーー

f:id:shin-910710:20170227133440j:plain


 
私の定義
友達とは?   【友情価値の交換相手】
親友とは?   【交換時に気を使わない間柄の相手】
本当の友達とは?【友情価値のうち、"本人自体"に価値を感じて交換する相手】
本当の友達の本質【自身の存在の肯定】
友情とは?   【利害関係】
真の友達とは? 【家族関係にある友達】
ーーーーー
 
私は以前の記事でこのように定義を作成していきましたが、
詳細についての説明をしていきます。
 
(『考察編』は考える力を養う事を目的としていますので、定義のみ興味ある方は飛ばしていただいて結構です。)
 
 
自問自答の流れについては、覚えていらっしゃいますか?
お忘れになった方は、
をご参考になって自問自答をしてみてください。
 
 
 
 
では早速自問自答の流れに従い、
定義作成していきます。
 
❶世の中の『定義』を集める
 
まず、友達以前に友情の定義も探し出しておきます。
引用:wikipedia
友情とは?
共感信頼の情を抱き合って互いを肯定し合う人間関係、もしくはそういった感情のこと。
友達同士の間に生まれる情愛のこと。しかし、
それはすべての友達にあるものではなく、自己犠牲ができるほどの友達関係の中に存在する。
 
まとめると【信頼・情愛・肯定しあう関係・慈悲】が友情なのだと言っています。
 
私の定義に慣れてきた方には伝わると思いますが、
何とも疑わしい”定義”ですね。曖昧で、ふわっとした表現で、本当にそうか?
と言いたくなる文面です。 
 
 こちらは友人の定義です。
引用:辞書
友人とは?
勤務、学校あるいは志などを共にしていて、同等の相手として交わっている人。友人。
まとめると
同じ趣味・同じ目的・同じ場所など共通点があり対等】の人と言っています
 
対等じゃなきゃ友達じゃない。と言ってます。
 
本当にそうでしょうか?
私の感じている友人や友情というテーマは、こんなさっくりとしたものでは
ないと感じます。
 
 
 
以上参照しましたが、
みなさんが見ている”情報”というのはこんなに曖昧な表現で物事をふわっと表現している事がお分かりになると思います。
 
 
 
 
では、 
いつも通り、例を出していきます。
 
❷言葉の使用例等を集める
 
友人が金の催促をしてくる お金がないというと連絡がなくなった
お金の催促をしてくる奴は関わりたくないし、友人ではない
友人が遊びに誘ってくる 遊びの”誘いにのり”一緒にでかけた ←承諾
歳の離れた趣味が共通の友人が入る 
私の友人はいいやつである
私の友人は悪い奴であるが、私にとっては好都合である
私の友人は金持ちでエリートだ。誇らしい
私の友人は貧乏だ。お金の事ばかり話をするため、縁を切ろうと思っている
私の友人は無職になったらしい こんな時こそ支えてあげるのが友人だ。
私の友人は無職になったらしい。関わると面倒だから連絡を無視しよう
私の友人は素行が悪くなったらしい。私の評判に影響するので関係を控えよう
私の友人は素行が悪くなったらしい。彼にもいろいろあるのだろうから優しく声をかけよう
私の友人は素行が良くなったらしい。昔の恨みがあるが、関係を再開しよう 
私の友人は素行が良くなったらしい。素行が良い彼は面白くなくなったので関係をやめよう
・・
 
友人と言うテーマは例が膨大に出てきますね。 
以下まとめます。
・お金持ちでも貧乏でも友人 
・いい奴でも悪い奴でも友人 
・職があってもなくても友人 
・誇らしくても誇らしくなくても友人
 
つまり友人というのは、
必ずしも性格がよくお金持ちでエリートでなくとも、
クズで貧乏で底辺な友人もありうることがわかります。
 
 
 
❸仮説をたて、確定させていく
仮説①
『友人に対して求める価値は人それぞれ違う』 確定
と言う事が言えると思う。
 
正しいだろうか?
素行が悪いのにその友人と付き合いを続ける理由は何だろうか?
きっと素行が悪くても付き合える魅力がその友人にあるのだろう
 
お金を要求してくるクズ友人でも関係を切らないのは何でだろうか?
クズだとしても、その友人に価値を感じている何か魅力があるからだろう。
 
この仮説は正しいように思う。
①確定 (正しい。しっくりくると思った時点で仮説は確定してOK)
 
確定したら仮説の横に確定と書くとわかりやすいです。
 
 
 
よし、
このそれぞれの友人に求める需要を
『友情価値』* と名付けよう
 
何度も同じ事を考えると時間がかかるし、
 価値や需要という言葉は幅が広すぎるため、
 このように自分なりの言葉を作っていき、公式  として使用すると
「応用」に便利になるので是非活用してほしい。
 
 
仮説② 
『友人とはそれぞれ価値を感じあっている者同士が、その価値をもらう代わりに
もう一方の価値を提供しているのではないか? (交換)確定
 
 
「友人Aの持つお金」に価値を感じている者がいたとして、
その「A」はもう一方の『Bの性格』として価値を感じていたとする
 
では、BはAがお金を失った時に関係を続けるのだろうか?
BはAのお金に価値を感じていたのであり、
Aの性格や人間に友情価値を感じていたわけではない事になる。
 
となると、Aは友人関係を続けたいが、
Bは友人関係をやめたい 
という話になってくる 
 
そして、友人関係というのは片方が縁を続けたくないと思うと
終わってしまうものだ。
 
よって少し編集して確定
 
友人関係とは"価値の交換"で、
   双方の暗黙の承諾によって成り立っている契約のようなもの確定
 
 
ある程度仮説が固まってきたら、定義を作ります。
 
 
 
友人とは?
友情価値(それぞれの需要)の交換
 
いかがでしょうか?
 
 
このようにして、
さらに考察していき。
友情とは?親友とは?本当の友達とは?という定義を作成しましたが、流れは同じような流れになります。
 
 
 
ぜひ、あなたもやってみてください。
 
あなたのそばにいるのはあなたの本当の友人でしょうか?
また、あなたはどんな友人に価値を感じ、
あなたの友人はあなたのどんなところに価値を感じているのでしょうか?
 
 
 
 
ここまで長々と書いて参りましたが、
 
 
実は、私が最も述べたいのは、
『本当の友達とはなにか?』 
という定義についてです。
 
この定義については、重要なテーマとなりますので、
応用編』で参照させていただきたいと思います。
 
ご覧いただきありがとうございました。