自問自答のすすめ

『人生が変わる。自分を変える。』

友達・親友・本当の友達とはなにか?『応用編』

ようこそ

 このブログは、自問自答をとおして、
『自分の人生を歩む事』をテーマに、

"友とは何か? 人生とはなにか?"
などの様々な難問に対し、
私自身の『定義』を作り
応用していく過程を公開する事で
 
ご覧になった方々の
思考のキッカケになる事を目的に作成しています。ーーーーーーーーーーーーーーーー
【前書き】(ブログをご覧になる前に)
私のブログの読み方 (自問自答の方法 記載)
ーーーーーーー

f:id:shin-910710:20170305013925j:plain

 
 
友達とは?   【友情価値の交換相手】
親友とは?   【気の知れた交換相手】
本当の友達とは?【"本人自体"に価値を置く交換相手】
本当の友達の本質【自身の存在の肯定】
友情とは?   【利害関係】
真の友達とは? 【家族関係にある友達】
 

 

ーーーーーーーーー
目次
 
今回のお題や定義について、
皆さんはいかがお考えでしょうか。
私の定義にしっくりくる方もいるでしょうか?
(応用編は”私”の定義の活用例ですので、参考程度にご覧ください。)
ーーーーーー
 
昨今、『友達』っていったいなんなのか?
ネットには正確な答えなどはなく、
悶々と人間関係を結ぶ人々がおり、
心にぽっかりと穴が空き、
虚無の人生を歩む人が数多くいるからこそ、
今、友達について考えなければならないと思います。
 
ーーーー

《悩み編》

問 友達がいない。欲しい。

この悩みは多いようだ。
私の定義を見てみればわかるが、友達とは利用関係だ。あなたに利用価値がないのか、それとも市場に参加してないのか。

 

私の定義が分かりづらい人のため、
例えを出しておきたいと思う。
 
友達の前では陽気で明るい性格のA男がいるとする。A男は友達からの評判も上々で、地域の住民にも、素晴らしい好青年で名が通っている。
 
しかし、A男の本性は、
外面が良いだけであり、
家族間ではただのDV男であり、借金まみれで怠惰で他力本願なクズ男だとする。
 
 
以上の例えを定義に当てはめれば、
 
A男の好青年の外面でできるのが友達
ありのままのクズ男に価値を感じて付き合うのが本当の友達だ。
 
 
あなたも実際に見たことがないだろうか?
あまりにも良い奴で、
友達も多く、物事がトントン拍子でうまくいくような人間を。
彼らが元々そんな聖人であると思うだろうか?彼らが強運の持ち主だと思うだろうか?
 
 
彼らは友情市場の需要に自らを合わせて演じているのだ。友達に値する人間を。
さらに、友情市場の需要を継続的に満たすという事は、友人との時間、彼らは友情を売り物にする商売を、常にをしているようなものだ。
休日でさえも、彼らは他者貢献に生きているのだとも言える。
 
よって必然的に
労働→休日に商売→労働→休日に商売という構図となり、
給与→見えないお金→給与→見えないお金
というように、1日中仕事をしている状態で、自らの持つ付加価値を常に増やしていく。
 
よって、物事はトントン拍子にいくように見えるが、実際は、
現金のみ労働で得る人よりも、
見えないお金も同時に生産し続ける人なわけだから、たんにお金に物をいわせているわけだ。
(見えないお金?下記参照)
 

 

 
話が逸れたが、以上から、
友達を作りたいのなら、
 
仕事中お客様のニーズに応えるように、
休日に友人というお客様のニーズに答えればよいのだ。『友達』
 
さらに、それに慣れてくれば違和感なく友達の需要に対応できる。求めているものがわかるようになる。気を使わずにニーズを満たせるようになる『親友』
 
 
頭にはこの構図をいれておけばいい。
【自分=商品】・【友達=客】
 
友達がいないあなたは、
ここまで努力し、友達を作る事に疑問を覚えたり、しないだろうか?
だが、友達を作るとはこういう事なのだ。
皆そうして友達を作っている。
気を使っているか使ってないかの違いだ。
(本当の友達ではない事に注意)
 

 

 

 

とにかく、友達を作るには、友達の需要を満たす必要がある。少し努力が必要なのだ。


さらに、心の繋がりとしての本当の友達を作りたいとなると、さらにハードルがあがる。あなたは、ありのままの自分をだしつつ、需要も満たさなければならない。
ありのままのあなたは、友人を獲得してから、徐々に表現していけばよいのではないだろうか?

問 友達ができない。


この悩みは面白い。友達とは私の定義では、利用価値の交換関係だ。つまり、あなた自身が、友達を求めなければもちろんできない。友達が本当は欲しくないのに、友達ができないという者がいる。そんなあなたは、"道具としての友達"をたくさん連れている者を見て、劣等感を感じていたりする。あなた自身は"繋がりとしての友達"を求めているだけだったりするのにだ。
考えて見て欲しい。本当の友達等というのは、学校に通って数人できるかどうかだろう。何百人に1人しか"ありのまま"の人間に需要を感じる者はいないのだ。殆どは道具としてお互い利用しあっている。
ここで言えるのは、本当の友達はとにかく市場に参加し(人の集まり)、ありのままを出し続ける根気がいる。つまり、これもちょっとした努力が必要になるという事だ。

《疑問編》

問 落ち目になれば本当の友がわかるというがなぜか?
 
 
外面に価値を置く友達は、
本当の友ではない。ただの友達である。
この発言をした人は、私と本質観が同じである事がわかる。
 
問 無職になると友達がいなくなった。なぜか?
 
この場合の友達達は、
外面(ステータス 金 趣味が合う 容姿等)
を理由に友達をやっていた。
つまりそもそも、本当の友達ではなかった。
 
無職という外面の人間には価値が感じられないという人が周りに多かっただけ。
日本で社会人をやっていると、こういった友情価値基準を持つ者が多いため、
友情とはそういうものだと錯覚しがちだが、
本当の友達は、恐らくその時でも残るはず。
 
なぜなら、
無職になっても、
内面(性格 考え方 等)は変わらないからだ。
 
無職になったら離れるような友達は、
あなたはその人達にとって道具と同義だったという事だ。使えないから捨てる。
 
その程度の関係性だったという事。
 
 
問 学生時代のように大人になると友人は作れない(知り合いは多いはず)がなぜか?
 
社会人は円滑な付き合いのため、
"敬語"や"マナー"を身につける。
しかし、それは内面を覆い隠すものでもある。(つまり、普段の社会人のあなたは、内面含めて嘘のあなたである)
⬇︎
故に社会人としてのあなたの周りにいるのは、あなた自身内面を覆い隠しているわけですから、内面は見えづらい。
そうなると、自然にあなたの外面に価値を感じた友達の比率が高くなっていく。
⬇︎
【社会人は"本当の友達"は作づらい】
 (△社の社員のAさん。と覚えられるという事は、あなたではなく、△社の社員という点に価値を置く人ばかりとなる。)
 
問 昔は孤独だったが、
   金を手に入れると友達  彼女もできた。
   金さえあればなんでも手に入ると
   思い込み、人として外道を繰り返す
    拝金主義者がいるが、
   なぜそのような思考になったのだろう?
 
 
もっと応用で、こういうのは、推理します。
 
人物をAとする。
Aは過去友達がいなかった。
恐らく理由は次のどれかだろう。
①周りに昔は人がいなかった。
   (供給しても顧客がいない。)
②Aに友情を見いだす人がいなかった
  (供給しても需要がなかった)
③友達になろうとするものを遠ざけた
  (需要はあるのに供給を拒否した)
⬇︎
問の
Aは大人になって、友達なども手にし、
金に魅力されているところを見ると、
恐らく①と③はないx
②の可能性が高いな
(友達が欲しいが人が離れていったパターン)
⬇︎
自分を省みて自己実現をするでもなく、
ただただ友情や彼女を求めたとする時に、
ある日大金を手に入れた。
するとどうだろう、自分の性格はどうあれ、
急に人々に肯定され、友人もでき彼女もできた。
(内面は変わっていない。
友情市場に対しての需要
"お金を持っている"という一点張りの価値で、友情市場に参戦した形となった)
⬇︎
この流れで
"金さえあれば全て手に入るのか。"
と思い込んだ可能性がある。
 
この仮説が正しければ、
彼は金を失った時に全て失う。
ああいう人間が、金を失うと
友や彼女さえ、全てを失う人間なのかもしれないな。
 
と解釈も自由にできる。
ーー 
 
 
このように、様々な場面で定義を応用できますね。
 
 
 
ひとつ、疑問に思われてる方もいると思われる問いの一つに
友情を"利用関係"とまとめてしまっても良いのか?という点ですが、
 
これはつまり、
【他人を利用するという事は悪い事なのか?】
という論点が潜んでいます。
 
これについては、今後記事を書いていきますが、私の定義のみ、述べておきます。
 
他人を利用する事は悪い事なのか?
強要ではない、本人の承諾があれば良い
これが私の定義です。
 
 
 
つまり、
外面に価値を感じ友人になるのも、
内面に価値を感じ友人になるのも、
相手が暗黙の了解をしていればOKという事です。
 
外面に価値を感じてるだけの人を友人にしたい人なんかいるか?
という問いには、『います』と答えます。
 
しかし、
人々が内面に価値を置いてくれているのだと感じてる人が、
実は外面に価値を置いている友人だった時
悲しみを感じる事については、
 
 
ここで説明は省略しますが、
人は自分自身を肯定して欲しい
と私は定義しており、
自分の内面に価値を見出してくれる
"本当の友達"の存在は、
自分の存在を肯定してくれる存在であり、
人が生きていく上で重要だと感じるものなのかもしれません。
 
この存在意義の定義については、今後記事にしていきますので、
今回は、『友達』というもののみについて述べて終わりとさせていただきます。
 
 
 
以上 
『本当の友達とは?』
について、紹介しました。
 
このように、
自分の定義を作成しておけば、
どんな問いを作っても
 
今回であれば『友情』について、
時間をかけずとも、
自分の答えを作ることのできます。
 
自問自答による『定義』というのは、
定義=数学の定理
のようなものであるのです。
 
 
 
 
 
 
後書き
 
 
人により、
本当の友達とは?
【困った時に助け合うものだ】
と定義する人がいます。
 
これは、私の定義では、
"仲間"と定義しています。
 
次回、『仲間とは?』について、
述べていこうと思います。