自問自答のすすめ

『人生が変わる。自分を変える。』

自問自答のすすめ

”思考力”を自分のものにする

仲間・同盟とはなにか? 『定義編』

 

 
ようこそ
 
このブログでは、
”人生とはなにか?生きている意味?”等
様々な難問に対し、
私自身の『答え=定義』を作り
応用していく過程を公開する事で
 
ご覧になった方々が
”悩みを解決"
"幸せになる"
"強くなる"
”『自分の人生』を歩む"
”世界を理解する"
 
その他様々な場面で必要になる
 
"『考える力』を養う" 
それらを目的に作成します。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
【前書き】(ブログをご覧になる前に)
私のブログの読み方 (※自問自答の方法 記載)
 

f:id:shin-910710:20170311131902j:plain

 
地元仲間
趣味仲間
サークル仲間
本当の仲間
仲間は大切にする。
仲間をないがしろにする。
仲間と切磋琢磨する。
 
ごく自然に私たちは
『仲間』という言葉を使っているのではないかと思います。
 
ではそもそも、
仲間とはなんでしょうか?
どんな関係を仲間というのでしょうか?
 
 
それでは、今回の
私の定義を紹介します。
 
 
仲間・同盟とは?
各々の"目的"のための"協力"関係
要件
・ "目的"のため"協力しあう"約束(暗黙)
お互いが協力関係を認識している(狭義)
・片面的な認識でもよい。(広義)
    相手が自分を認識してないとしても、
    幇助された側にとっては、
    目的のため協力してくれる者であり、
    仲間と捉えられる。
 
どんな関係なのか例えてみる。
 
『車のタイヤ』
通常の仲間・同盟
4輪タイヤのうち、一つが傷ついても
それぞれ協力して補助をしあえば、
一つのタイヤで目的地を目指すよりも、
辿り着ける可能性も高まる。
 
しかし、損傷がひどく、
足を引っ張るようであれば捨て置き、
スペアにでも交換したほうが、目的の達成はしやすくなる。
 
つまり、仲間に足手まといがいては困るのが道理で、それぞれが目的のために持てる能力その他を仲間のために与え合うといった関係性。これが通常の仲間・同盟関係。
 
 
 
しかし、
某漫画雑誌の仲間がこれとは少し違うように見える。
目的を差し置いても仲間を助けに向かっているようにみえる。
足手まといを捨てようとはしない。
強固な協力関係に見える。
 
そこで、私の定義にあてはめて考えてみた。
一つがひどく損傷し、
全体の足を引っ張り、又
取り返すのに多大なリスクを伴うといったように、"仲間関係が逆に負担になっても"
 
目的に(仲間全員の充実)が含まれると考えると、各々の目的を差し置いても、
仲間を救出するのもうなずける。
地元仲間などに当てはまるだろうか。
 
 
現実的に見るとこの仲間関係は、
仲間が増えれば増えるほど、
"別の(仲間の充実以外)の目的達成の可能性が低くなる仲間関係"でもある。
 
仲間の一人が裏社会に入り、
仲間全員に迷惑がかかってるとしよう。
それでも、仲間関係は辞めず、
裏社会に入り浸っている仲間の一人の充実も図らなければならない。
 
更に、
自分の目的が、公益に関わる仕事等に就く事だとすれば、更にそんな仲間は捨て置いたほうが、身のためにもなる。
 
なのに、地元仲間として関係を切らない。といった関係性だ。
 
これが良い関係なのだと思うかどうかは個々人にお任せする。