自問自答の方法

『考える力を養うブログ』

仲間・同盟とはなにか?『応用編』


ようこそ

このブログでは、
”人生とはなにか?生きている意味?”等
様々な難問に対し、
私自身の『答え=定義』を作り
応用していく過程を公開する事で

ご覧になった方々が
”悩みを解決"
"幸せになる"
"強くなる"
”『自分の人生』を歩む"
”世界を理解する"

その他様々な場面で必要になる

"『考える力』を養う" 
それらを目的に作成します。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
【リンク】(ブログをご覧になる前に)
私のブログの読み方 (※自問自答の方法 記載)
ーーーーーーーーーーーーーーーー

f:id:shin-910710:20170312090704j:plain

 

 

 

いきなりですが、

これから記事を書くにあたって、

私の定義に”しっくりきた方”を『同観の人』と名付ける事にします。

(同じ世界観の人という意味でもありますし、同じ本質観という意味でもあります。)

 

 

 

早速本題の応用編には入ります。

 

私の定義をご覧になっていただいた際に、しっくりこなかった方のため、

仲間とは?』の定義の応用としての例を出しておきましょう。

 

・趣味仲間 ・地元仲間 ・共闘仲間 ・職場仲間 

 

このように様々な形の”仲間”が存在します。

 

全てある目的のため、協力する関係にある。というのが私の定義です。

 

 

この定義を使っていくと、世の中の言葉について、

どんな意味合いで使われているのか、

私の世界観、本質観から見ていくと、このように捉える事ができます。

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

①戦友って?

 

解釈

 一緒に戦った仲=敵を倒すという同じ目的を持ち、協力し合った人物

 つまり、私の定義では、【『戦友』=『仲間の一例』】という解釈になる。

 

 

 

②困った時に助け合うのが本当の友達?

 

解釈

 これは、私の定義では『仲間』であって、『友達』ではない。

 『人生を善く生きる等・・他 のため、協力しあう。』地元仲間のようなものだろうか。

 

 

③友達なんかいらないって  引用:タモリ(名言)

 

解釈

 タモリさんの言うところの友達は知らないが、

 この言葉に対する私の解釈は 

 『利害関係(友情)の繋がりはいらない、真の友がいればいい』と取る事ができるし、

 『利害関係の繋がりはいらない、ただの利害関係にとらわれるな』ととる事もできる。

 いずれにしろ、名言であるから文が少なく、言葉たらずとも言える。

 

 

④友達とは、遠慮せず相手の過ちを指摘できる人。引用:ー

 

解釈

⒈本音を言い合える価値 

⒉相手を正しい方向に修正できる価値  のある人を友達と捉えているようだ。

それは私の定義で言えば、

本音を言い合える存在として相手に価値を感じているだけの、

『友達の一例にすぎない。』よって、この人は私から見れば、本質観の違う人である。

 

⑤人々は悲しみを分かち合ってくれる友達さえいれば、悲しみを和らげられる

引用:シェイクスピア

 

解釈

悲しみはわけあう事ができる。 という新たな懐疑が出てくるが、

悲しみを分け合える友情価値があるという事は、内面の価値であるだろうから、

”本当の友達”の場合だろうとも言える。

 

⑥友人はあなたのためでなく、自分の利益のために忠告する。 引用:トルコ諺

忠告して友人を止めるパターンには色々ある

①道を踏み外していると思うから、そこから救おうと忠告するパターン

 (つまり、仲間 兼 友人である場合)

②遠くにいってしまう気がする、または置いていかれる気がするパターン

 (友人の場合)

・・

 

確かに、どちらも自分のためだ。

悪い方に向かう友人を止めるのは、友人のためになるかは結果論である。

しかし止めないと自分が許せないのだろう。自分のためという事になる

または、仲間として助けるとしても自分のためだ。

 

遠くに行くから止めるというのは足を引っ張ろうとする者の典型である。

もちろんこれも、自分のためという事になる。

 

確定的ではないが・・

『忠告』という行為は

”相手のために行う事は人情的に少ない”という諺なのだろう。

というような解釈

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

以上で今回の応用編を終える事にします。