自問自答の方法

『考える力を養うブログ』

成長とはなにか?『考察編』

ようこそ
 
このブログでは、
”人生とはなにか?生きている意味?”等
様々な難問に対し、
私自身の『答え=定義』を作り
応用していく過程を公開する事で
 
ご覧になった方々が
”悩みを解決"
"幸せになる"
"強くなる"
”『自分の人生』を歩む"
”世界を理解する"
 
その他様々な場面で必要になる
 
"『考える力』を養う" 
それらを目的に作成します。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
【前書き】(ブログをご覧になる前に)
私のブログの読み方 (※自問自答の方法 記載)
ーーーーーーー

f:id:shin-910710:20170328105823j:plain

成長とは?【拡大する事】

①成長限界に向けて成長 

②型に向けて成長

型の基準?【立場により異なる】

     【型は無数に存在する】

ーーーーーーーーーーーーーーーー

私は以前の記事でこのように定義を作成していきましたが、
詳細についての説明をしていきます。
 
(『考察編』は考える力を養う事を目的としていますので、定義のみ興味ある方は飛ばしていただいて結構です。)
 
 
自問自答の流れについては、覚えていらっしゃいますか?
お忘れになった方は、
をご参考になって自問自答をしてみてください。
 
 
 
 
では、早速考察編を始めます。
 
 
毎度の事ですが、Wikipediaや辞書などから成長の定義を探してきます。
 
 
成長(せいちょう、growth)とは、生物や物事が発達し大きくなることをいう
引用:Wikipedia
 
 人や動植物が育って大きくなること。おとなになること。
 物事の規模が大きくなること。拡大。
引用:辞書
 
今回は、ほぼ辞書やWikipediaと私自身の定義は変わりありませんね。
 
ほぼ辞書を見た段階でしっくりきました。
しかし、しっかりした定義を作成するため、いつもの工程をたどっていきます。
 
子供が成長する
植物が成長する
経験が人を成長させる
仕事で人間として成長がしたい。
成長して見返してやりたい。
職人が成長する
 
経済成長 
 
 
今回はいきなり仮説段階でしっくりきました。
成成長とは?
仮説 『成長とは拡大?』確定
これ自体しっくり来る。(矛盾した感じがしない)=確定
 
仮説2『成長とは成熟へと向かう拡大』
成熟というのがなく成長し続ける物が存在するため、
成熟へ向かう事=成長ではない。
 
よってx 
 
 
仮説3『①目標のない成長 ②目標のある成長がある』確定
成長には2種類あると考えると、
成長=拡大 ととらえてもしっくり来る。
 
ここで定義確定 
成長とは?【拡大する事】
 
仮説3
『目標、と言うより成熟に向かう成長の成熟=型とすると、
型は人によりもちろん異なる。』 確定
(   子供の成熟  その社会での大人 成熟の型
    職業の成熟  その職業人の常識  成熟の型
    自己実現      理想の自分という 成熟の型)』 
 
つまり、文化・場所・人・組織により、
成熟という型として求められる能力や大きさは異なる。 
 
 

型の基準?【立場により異なる】

     【型は無数に存在する】

 
今回の定義作成はとても簡単な考察ですみました。
 
このように辞書や社会の定義が自分の本質観にしっくり来る場合、
とても助かりますね。