自問自答のすすめ

『人生が変わる。自分を変える。』

成功とはなにか?『考察編』

 

ようこそ
 
このブログでは、
”人生とはなにか?生きている意味?”等
様々な難問に対し、
私自身の『答え=定義』を作り
応用していく過程を公開する事で
 
ご覧になった方々が
”悩みを解決"
"幸せになる"
"強くなる"
”『自分の人生』を歩む"
”世界を理解する"
 
その他様々な場面で必要になる
 
"『考える力』を養う" 
それらを目的に作成します。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
【前書き】(ブログをご覧になる前に)
私のブログの読み方 (※自問自答の方法 記載)
ーーーーーーー
 f:id:shin-910710:20170507122806j:plain

 

 
 
ーーーーーーーーーー
 
成功とは?
【目的の達成】
【名誉や一定の地位を築く事】
 
ーーーーーーーーーー
私は以前の記事でこのように定義を作成していきましたが、
『考察編』では、定義作成までの流れをご紹介します。
 
(『考察編』は、実際に
『自問自答』をご自身で行っていただき、
テーマの本質をあぶりだす流れを体験していただく事を目的としていますので、
私の自問自答につきましては、
参考としてご覧ください。)
 
自問自答の方法については、
私のブログの読み方 をご参考ください。
 
ではさっそくいつもの流れで自問自答していきます。
 
 
 
手順❶世の中の定義をさがす
 
成功とは?
 物事を目的どおりに成し遂げること。「失敗は―の母」「新規事業が―をおさめる」「実験に―する」
 物事をうまく成し遂げて、社会的地位や名声などを得ること。「写真家として―する」
引用:辞書

 

 
①【目的の達成】 
②【地位を築く、名誉を得る】
と言っていますね。
 
 
成功は、計画などがうまくいき目標が達成できたことや、社会的に一定以上の地位を得たことを指す。失敗の対義
引用:wikipedia

 

①【目的の達成】
②【社会的に一定の地位を得たこと】
 
 
ほぼ私は辞書・wikipedia等の記述で定義にはしっくりきたので、今回はそのまま定義としました。
 
このようなパターンは気楽です。
 
 
少し定義を深めていきますね
今回の定義では
②の定義が曖昧ですね
どこが曖昧かというと、
 
どの程度で成功?一定の名誉?地位なのか?
 
という部分です。こういう場合
もっと具体化しましょう。
 
 
❷言葉の使用例等を集める
 
飲食店を1店舗経営 10店舗経営 100店舗経営
サラリーマンの転職 起業 
美容師として一人前 プロ 有名 カリスマ
大事業を創業
大金持ち
投資で一発逆転
人生の成功
・・・・
まとめると
・規模や大きさは関係ない
・名誉の基準や地位の基準はバラバラ
 
 
 
❸仮説を立ててみて、一つ一つ自問自答し確定させていく。
 
仮説①
『①の目的は自分で決められる。』確定
目的=ビジョンはどんな時でも自分できめられる。
この仮説は正しいように思う。
確定 (正しい。しっくりくると思った時点で仮説は確定してOK)
確定したら仮説の横に確定と書くとわかりやすいです。
 
 
仮説②
『②物事をうまく成し遂げた結果が、
社会の評価をうけない結果の場合、
それは②の成功ではない』 確定
 
(音楽家のベートーベンなどは、成功者ではない
偉人のなかには、
社会の評価を受けたのは亡くなってからという人が少なくなく、死者は成功者とは呼ばれない。)
 
素晴らしい絵を描き
素晴らしい映画を作り
素晴らしい組織を立ち上げ
素晴らしい仕組みを作ったとしても、
 
その所属する社会・個人・団体から評価されなければ、成功者ではない
だからこそ稼ぐための作品と、作りたい作品が違う。という成功者が数多くいる。 
とても重要な部分
 (この世界は
偉人は一握りしかいない
天才は一握りしかいない。
ピカソの絵の価値がわかる人も一握りしかいない。
 
にもかかわらず平凡・凡人・価値のわからない大衆が評価するものでなければ成功者ではない)
 
仮説③
『名誉・地位は
   個人・評価する社会により異なる』確定
仮説④
『②の成功の基準は自分では決められない』確定
 
 
要約すると
①と②の決定的な違いは、
【①自分他人の決めた目的を達成する事
他人(社会)の決めた基準を満たす事
 
そして
②の名誉・地位の基準は
基準:社会(個・団体)により異なる
よって
明確な地位・名誉基準はない
となります。
 
 
❹出た定義を覚えておく
 出た定義はどこかにメモするなどし、覚えておきましょう。
 
 
 
後書き
 
『成功者』への違和感?
 
成功者なのに、
幸福でないことがありうるのはなぜか?
 
まず、成功者とは、
②地位・名誉を得た人といった意味でしょう。
 
本人からすれば、社会的には成功でも、
①の成功ではない。というのがありえますね。
 
例えば
人生の目的が『幸福になること』だとします。
そうなると、
社会的成功をしても、それだけでは
自らの人生は成功ではない。
という事になります。
(他人の評価軸の名誉・地位であるだけだから、
目的は達成してない事はあるうる。)
 
故に
なんで成功者なのに、
成功に満足してないのだろう?
というよくわからない疑問が湧くロジックになっています。
 
成功に満足するのは、
人生の目的が『成功者となる事』
である者であるから。
 
 
1つの言葉に2つの意味がある。
こういう世の中の定義により、
世界の理解が難しくなっているのだと思います。
 
 
以上で考察編を終えます。
 

強い思い、情熱とは、寝ても覚めても24時間そのことを考えている状態。 
自分自身の成功への情熱と呼べるほどの強い思いが、成功への鍵。

 

引用:稲盛和夫