自問自答のすすめ

『人生が変わる。自分を変える。』

自問自答のすすめ

”思考力”を自分のものにする

成功とはなにか?『応用編』

 

ようこそ
 
このブログでは、
”人生とはなにか?生きている意味?”等
様々な難問に対し、
私自身の『答え=定義』を作り
応用していく過程を公開する事で
 
ご覧になった方々が
”悩みを解決"
"幸せになる"
"強くなる"
”『自分の人生』を歩む"
”世界を理解する"
 
その他様々な場面で必要になる
 
"『考える力』を養う" 
それらを目的に作成します。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
【前書き】(ブログをご覧になる前に)
私のブログの読み方 (※自問自答の方法 記載)
ーーーーーーー
 

f:id:shin-910710:20170516084154j:plain

 ーーーーーー
今回の定義
成功とは?
【①目的の達成
   ②名誉や一定の地位を築くこと
(基準は社会により異なる)
 ーーーーーーーーーーーーー
今回のお題や定義について、
皆さんはこのお題をいかがお考えでしょうか?
 
私の定義にしっくりくる方もいますでしょうか?
応用編をご覧になる前に、
『私の定義』とは?の記事を先にご覧下さい
 (私のブログの読み方に説明あり)
 
それでは今回の応用編の問答を始めます。 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
①の『目的の達成』と言う意味の成功だと考えます。
エジソンともあろう方が、一定の社会の地位・名誉についての成功を述べているとは考えづらいからです。
 
目的の達成という意味での成功は、
たとえ達成目前だとしても不安になるもので、惜しいところで、我慢できずに諦めていくものを多く見てきたのだろうか?
諦める事が失敗を確定させると言う事なのか?などと考える事ができます。
 
 
 
 
 
 
問 『 成功者に共通する特徴』 系の記事は
どういった意味の成功者だろうか?
 
私の解釈
②の『一定の地位・名誉を築いた人』考えます。
たまに『努力して、目的を達成した人』と定義すると述べた後に、成功者の特徴を述べた記事等がありますが、②の意味の間違いだと思います。
 
例えば、
ホームレスで日雇いバイトで生活している人が、
人生をかけて、駄菓子屋のお菓子を買い尽くす。
どれだけの損失がでても、借金ができても、達成する。という目的がある人だとします。
 
では、この人について
成功者として、特徴をのべるでしょうか?
どんな人だか、どうでも良いと思いませんか。
一定の地位があるから、肩書きがあるから、
特徴を知りたいのではないでしょうか?
 
 
 
 
問 成功者になるにはどうすれば良いのだろうか?
 
私の解釈
成功者とは、②『一定の名誉・地位』
をいうのであれば、その地位にある人の話を聞き
行動を真似するのが1番早いと思います。
 
上のような記事は真似する際に便利な記事ですね。
 
 
 
しかし、これには弊害があります。
 
真似をして生きていくと言う事は、
自分のありたい姿等関係なく、
世間の求める需要どおりの姿となるため、
(他人が決めた枠の範囲内の人生となり、他人の人生を生きる事に・・・)
 
『①人生の成功=②の成功者になる事』の人限定で、オススメします。
 
 
その他の方には、このブログではオススメしません。何度もいいますが、
私は【自分の人生を歩む】をテーマにこのブログを作成しているからです。
 
(人間像で言うと、オススメするのは
思いっきり見栄っ張りの方や、
強烈な自尊心のある方、
承認欲求が恐ろしく強い方などです。
 
なのでどちらかと言うと、
過去に不良時代等があるような
特殊な環境に生きた人に向く生き方ともいえます。)
漫画だとジャンプの『ナルト』のような人
 
 
嫉妬は無知のしるしであり、人真似は自殺行為である。
引用:エマーソン アメリカの哲学者

 

 

その他の方(一般的な方)へのオススメは、
 
成功者になろうとするのでなく、
自分のやりたいように生きていたらたまたま成功者になっていた。という生き方です。
 
成功者になるぞ!と決めて、何かを成すために生きるのでなく、
どう生きるか、どうありたいかを考え生き、
たまたま成功者となるかもしれない。というような姿勢で生きる事です。
真似の反対ですね。
自分という存在は唯一無二ですから、
型は自分で決めて生きていく事。
 
これこそ、このブログのテーマである
自分の人生を歩んでいる】と言えますね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
このように、
自分の定義を作成しておけば、
どんな問を作っても
 
今回であれば『成功』について、
時間をかけずとも、
自分の答えを作ることができます。
 
自問自答による『定義』というのは、
定義=数学の定理
のようなものであるのです。
 
以上
応用編を終えます。