自問自答のすすめ

『人生が変わる。自分を変える。』

常識とはなにか?『考察編』

ようこそ
 
このブログでは、
”人生とはなにか?生きている意味?”等
様々な難問に対し、
私自身の『答え=定義』を作り
応用していく過程を公開する事で
 
ご覧になった方々が
”悩みを解決"
"幸せになる"
"強くなる"
”『自分の人生』を歩む"
”世界を理解する"
 
その他様々な場面で必要になる
 
"『考える力』を養う" 
それらを目的に作成します。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
【前書き】(ブログをご覧になる前に)
私のブログの読み方 (※自問自答の方法 記載)
ーーーーーーー
 

f:id:shin-910710:20170601044902j:plain

今回の定義
常識とはなにか? 【当然とされる事】
(個人の場合は当然と思う事)偏見が含まれる)
言葉の本質           【最も無難な選択】
常識的である理由【リスク回避】
基準【社会ごとに違う。常識は無数にある】
ーーーーーーーー
 私は以前の記事でこのように定義を作成していきましたが、
『考察編』では、定義作成までの流れをご紹介します。
 
(『考察編』は、実際に
『自問自答』をご自身で行っていただき、
テーマの本質をあぶりだす流れを体験していただく事を目的としていますので、
私の自問自答につきましては、
参考としてご覧ください。)
 
自問自答の方法については、
私のブログの読み方 をご参考ください。
ーーーーーー
❶辞書等世の中の定義を集める
 
引用:wikipedia 辞書
社会の構成員が有していて当たり前のものとしている。社会的な価値観、知識、判断力のこと。

 

 
【『社会の構成員』の立場から見た、
   価値観・知識・判断力】
と言ってますね。
 
一般に学問的知識とは異なり,普通人が社会生活を営むためにもち,またもつべき意見,行動様式の総体をいう。これは経験の集積からなることが多く,時代や場所や階層が異なれば通用しないものもあり,多分に相対的なものである

 

 
【学問とは違う知識
   『その社会の一員』として必要な
  身につけておくべき意見・行動等
  それらの基準は
  身分や育ち、時代により異なる】
と言ってますね。
 
 
今回の定義も、あまり辞書などに違和感を感じませんでした。
なので、意味もほぼ同じ定義となりました。
私の価値観が一般的なのかもしれませんね。
 
 
❷言葉の使用例等を集める
常識人
常識知らず
常識的な人
常識を考えればわかる
挨拶に伺うのが芸能界の常識
年賀状を送るのが常識
古い常識 新しい常識
恩は返すのが常識
防犯をしておくのが常識
・・
常識的な行動
常識的な言動 
常識的な不作為
常識的な義務
常識とされる暗黙のルール
・・
 
まとめ
・どんなものも常識とはなりうる
  (すること、しない事等)
・暗黙、公の常識というのもある
・一般的に『常識』と言えば通じる"なにか"
 
 
❸仮説を立てて確定させる
仮説
①『常識は属する社会で異なる?』確定

この仮説は正しいだろうか?
社会とは、国や団体、地域などは一種の群れだと考えると、群れごとに当たり前が異なるのは必然ではないだろうか?
この仮説は正しいように思う。
確定 (しっくりくると思った時点で仮説は確定(定義又素材にしてok)
確定したら仮説の横に確定と書くとわかりやすいです。
 
②『常識は同じ社会ではお互い認識している』x
常識を知らない人もいる
それらを常識知らずと言う
 
③『常識=当たり前?』確定
常識的にしっているだろう。。
あたりまえしっているだろう。。
当然知ってるはず
当然できるはず
当然とるべき
当然しないでおく
恩は返すのが当然
 
④『常識的な行動=当然
      つまりそれ以外当然ではない』確定

 逆説

 

⑤『常識的な行動は波風が立ちにくい』確定
 
いかがでしょうか?
このようにし、定義を作成していきました。
 
以上で、考察編を終えます。