自問自答の方法

『考える力を養うブログ』

愛とはなにか?『定義編』

 

ようこそ
 
このブログでは、
”人生とはなにか?生きている意味?”等
様々な難問に対し、
私自身の『答え=定義』を作り
応用していく過程を公開する事で
 
ご覧になった方々が
”悩みを解決"
"幸せになる"
"強くなる"
”『自分の人生』を歩む"
”世界を理解する"
 
その他様々な場面で必要になる
 
"『考える力』を養う" 
それらを目的に作成します。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
【前書き】(ブログをご覧になる前に)
私のブログの読み方 (自問自答の方法 記載)
ーーーーーーー

f:id:shin-910710:20170613045921j:plain

愛とはなんでしょうか?
例えば、
親子の愛は
心が暖かくなるような印象がありますが、
時に狂気を生む危険性も孕んでるようにも思います。
 
自分の子供は可愛くても、
他人の子供は可愛くない。それは
健全な愛なのでしょうか?
 
愛とは一体なんでしょうか?
あなたにとって愛とはどんなものでしょうか?
 
 
 
それでは今回の私の定義を紹介します。
 
愛とは?
大切
2つの側面がある
①行動  『大切にする行動』
②内心  『大切に思う内心』
 
・①相手を気遣う言葉をかけながら、
   ②実は皮肉を言ったつもり
   のように内心と行動は必ずしも一致しない
・『慈悲』は『愛』とは別物。
・大切に思う 又 大切にする対象は自由
 
 
(辞書にある言葉が元々の愛への定義(古語)で、
そこに宗教等の言葉の意味が加わったため、色々な意味を持つ様になったようなので、
古語として愛を捉えた場合の定義です。)
 
 
 
 
愛情を受け取った時や愛を感じた時
心が暖かくなったように感じたりしませんか?
以前 『本当の友達とはなにか?』の定義でも述べましたが、心が暖かくなる事を定義しました。
 
愛の本質?
存在の肯定
 
まだ、ここで述べてもピンとこないかもしれませんが、私の見解を言うと、
 
人は誰一人例外なく、
『存在を肯定されたい(承認欲求)』と
思っており、肯定されたいのに、
自己愛や自尊心から人の事は否定したがる矛盾した生き物だ。
と捉えています。
 
 
歪んだ愛?
大切にする結果が対象にとって、不利益となる場合
そして、 結果の良し悪しの基準は立場や社会により異なる(善・悪とは?参照)
 
つまり、結果論
 
 
 
愛の危険性?
愛でる対象が小さい程、
数多くの憎しみや差別を生み
 
深く愛すれば愛するほど、
強い憎しみを生む。
 
故に数々の偉人・諺・宗教の神様等は、
執着をするな
ただ隣人を愛せ
愛する事は素晴らしい。ただし、愛すべき対象はこの地球だ。
と視野を広くすることを願ったのだという回答にいきつきました。
 
 
つまり、戦争、憎しみ、そして世界で悪とされる差別や奴隷制度の根源の1つには、『愛』が含まれているという事です。
 
しかし、
皆が見知らぬ隣人すらも愛することができれば、暖かい世界が出来上がる可能性もあるという事です。
 
 
(管理人は無宗教者)です。
ーーーーー
 
 
 
そんな気もするが、違う気もする。
とお思いでしょうか?
 
大丈夫です。なぜならこれは、
""の『愛』に対する"定義"だからです。
 
あなたが納得できなければ、
あなた自身で自問自答をすれば、別の"定義"
が作成できるはずです。
(私のブログの読み方 参照)
 
自問自答の定義の意味が、ご理解いただけましたでしょうか?
 
次回、定義の考察編をご覧ください
 
 
人は例外なく肯定されたいと思っている。
無意識に愛されたいと願っているようなものだ。
それなのに、自分を大切にせず、
他人もないがしろにしているのは、道理にかなわない。

 

 
 

 

饗宴 (岩波文庫)

饗宴 (岩波文庫)