自問自答のすすめ

『人生が変わる。自分を変える。』

愛とはなにか?『考察編』

ようこそ
 
このブログでは、
”人生とはなにか?生きている意味?”等
様々な難問に対し、
私自身の『答え=定義』を作り
応用していく過程を公開する事で
 
ご覧になった方々が
”悩みを解決"
"幸せになる"
"強くなる"
”『自分の人生』を歩む"
”世界を理解する"
 
その他様々な場面で必要になる
 
"『考える力』を養う" 
それらを目的に作成します。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
【前書き】(ブログをご覧になる前に)
私のブログの読み方 (自問自答の方法 記載)
ーーーーーーー

f:id:shin-910710:20170616103515j:plain

 
今回の定義
愛とは?【大切】
本質?   【存在の肯定】
歪んだ愛【大切にする結果→不利益】
愛の危険性【愛でる対象が小さい程
                  数多くの憎しみや差別を生み、
                 深く愛すれば愛するほど
                  強い憎しみを生む】
 

 

ーーーーーーー
私は以前の記事でこのように定義を作成していきましたが、
『考察編』では、定義作成までの流れをご紹介します。
 
(『考察編』は、実際に
『自問自答』をご自身で行っていただき、
テーマの本質をあぶりだす流れを体験していただく事を目的としていますので、
私の自問自答につきましては、
参考としてご覧ください。)
 
自問自答の方法については、
私のブログの読み方 をご参考ください。
ーーーーーーーーーーーーーー
❶辞書等、世の中の定義を集める
引用:辞書
  1. 1 親子・兄弟などがいつくしみ合う気持ち。また、生あるものをかわいがり大事にする気持ち。「愛を注ぐ」
  1. 2 異性をいとしいと思う心。男女間の、相手を慕う情。恋。「愛が芽生える」
  1. 3 ある物事を好み、大切に思う気持ち。「芸術に対する愛」
  1. 4 個人的な感情を超越した、幸せを願う深く温かい心。「人類への愛」
  1. 5 キリスト教で、神が人類をいつくしみ、幸福を与えること。また、他者を自分と同じようにいつくしむこと。→アガペー
  1. 6 仏教で、主として貪愛 (とんあい) のこと。自我の欲望に根ざし解脱 (げだつ) を妨げるもの。
 

 

かわいがる・愛しい気持ち・好む事・幸福を願う事
と言っていますね。
 
日本語の『愛』
日本の古語においては、「かなし」という音に「愛」の文字を当て、「愛(かな)し」とも書き、相手をいとおしい、かわいい[2]、と思う気持ち、守りたい思いを抱くさま[2]、を意味した[3]
 
近代に入り、西洋での語義、すなわち英語の「love」やフランス語の「amour」などの語義が導入された。その際に、「1. キリスト教の愛の概念、2.ギリシア的な愛の概念、3. ロマン主義小説の恋愛至上主義での愛の概念」などの異なる概念が同時に流れ込み、現在の多用な用法が作られてきた。
 

 

元々は愛しい・可愛い ・守りたいさまだったが、宗教から持ってきた愛と混同し、様々な意味がある(略)
 
 
どうも、愛という言葉は色々な場面で使われ、元々の意味を捉えづらくなっているようでした。
 
 
 
❷言葉の使用例等を集める
愛は世界を救う
愛が戦争を生む
愛の反対は憎しみではなく、無関心です
愛情 
愛着が湧く
行動しても愛がなければ無益です
自分を愛せ
愛は害を与える場合もある
愛は与える事
愛することで解決する
愛と憎しみは同じものだ
愛は無限を意味する
歪んだ愛 
愛のある行動
・ストルゲー 家族愛
・フィーリア 性愛
・エロス        友愛
アガペー    真の愛
……etc
 
まとめ
・『愛』の対象はなんでも良い
・歪んだ愛や、害ある愛がある
・愛と憎しみは似ている又は同じ
・愛は貰う事ではない
 
 
 
 
❸仮説を立ててみて、一つ一つ自問自答し確定させていく。
 
仮説①『愛=好き』x
好き=愛だろうか?
違う気がする。
チョコが好きならチョコを私は食べるだろう。そして、好きな時に食べる。
チョコを愛している、与える事が愛だと言うのなら、チョコを愛でてチョコを守るような行動にでるのではないだろうか?
 
違う例で、
盆栽が好きなら私は盆栽を集めるだろう。
様々な盆栽を集めてコレクションする。
 
しかし、盆栽に毎日水をやり、日々綺麗に整えてやるのは、好きだからだろうか?
面倒でもその行いを続けないだろうか?
 
盆栽が好きだ。
という言葉には、
盆栽を愛でる・可愛がる事自体が好きだ。
という言葉の意味が含まれている可能性があるのではないか?
 
つまり、
『○○が好き』と言った時
○○の意味に"愛でる事それ自体"を含む場合があるから、愛の意味がわかりにくくなっているだけなのかもしれない。
 
とにかくこの時点でわかりやすい違いは、
好き)面倒な時は行動に出ない。
愛)    面倒な時でも行動する。
そして、相違しているので、xとする。
 
 
 
ここで、問答を通して
なんとなく閃いた言葉などを仮説として当てはめて良い。
 
仮説②『愛=大切?』確定
慈悲かと思ったが、
慈悲は辞書に、『哀れむ事』とあるのでちがう。x 
 
大切にする対象、大切に思う対象は自由であるし、
辞書にある言葉も『大切』の一言で片付けられる。
 
この仮説は正しいように思う。
正しい。しっくりくる。と思った時点で仮説を確定してok
(確定したら、仮説の横に確定と書くとわかりやすいです。)
 
 
仮説③『愛は内心の側面と、外面の側面がある』確定
(大切に思う +大切にするが故の行動)
 
例えば子犬を拾い、地元のボランティアに届けていた人を、見かけたとする。
 
こっちから見て愛のある行動だとしても、
当人の内心が、じつは、隣にいた男に好かれるため行った行動であった場合、がっかりする。
 
愛のある行動と内心は必ずしも一致しない。
正しいように思う。よって、確定。
 
 
仮説④『歪んだ愛とは、大切にした結果悪い方向に行った事』
大雑把に仮説を立てたが、正しいだろうか?
 
まず、大切に思ってる相手を殴りたいDV男等常識的に考えるとおかしいような人間を見た時、『歪んだ愛だ』。などと言う。
 
つまり内心と行動に愛があっても、対象のためになっているとは言えない場合に歪んだ愛と表現する。
内心愛→行動愛=不利益
 
大切にすることが必ず物事を良い方向性に導くとは限らない。
 
では、誰から見て不利益な事を言うのだろうか?
もちろん本人から見て、不利益を言うのだろう。しかし、本人も深層心理で不利益でない場合もある。基準がややこしい。
 
修正
『歪んだ愛とは、大切にした結果、
対象から見て、不利益となる場合』確定
 
 
仮説⑤『愛は大切に思う対象以外に対し、怒りを生む』確定
 
大切なものを奪われたり、傷つけられたりすると、怒りが湧く。
大切にするから憎しみを持つ。
大切に思っているから傷つけられると怒る。
 
では、
大切にしていなければどうも思わない。
大切に思ってないからどうでも良い。
 
 
『関心がありすぎ、執着するのもよくない』
しかし、
『無関心でいるというわけにはいかない。』
このあたりは、線引きをさらに考察しなければならないようです。
 
 
仮説⑥『対象が小さければ小さい程、世界に
憎しみの数を増やす』確定
 
大切なものが小さいものなら、無数に対象が存在することになる。
であれば、
 
 
仮説⑦『対象が大きければ、憎しみの数は減る』確定
ここまでくると
ー愛しなさい。人類という家族を。ー
といった言葉の意味がわかる。
 
個人を愛すと60億人の大切な人ができる。
つまり
60億の憎しみが生まれる可能性がある。
 
同じ地域の人を愛すれば、 
地域ごとの憎しみが生まれる。
愛国心は、国の数の憎しみが生まれる。
世界を愛すれば、1つの憎しみですむ。
 
なにも愛さなければ…
無関心・不干渉 ・孤独・乱雑
これはこれで虚無に感じる。
 
 
 
世界に
愛があれば、暖かさを感じる。
愛がなければ、虚無を感じる。
しかし、
小さな対象への愛は、
数多くの憎しみを生み、争いを増やす。
 
大きな対象を愛する事で
憎しみは減らす事ができる。

 

 
 
 
❹出た定義を覚えておく
ある程度仮説が固まったら定義を作ります。
ーーーーーーーーー
 
 
以上考察編を終えます。
 
 
 
今回の定義で、
愛には、内面と外面がある事がわかりましたが、
 
 
内心のみ愛で、行動には愛がない。
または、
行動のみ愛で溢れ、内心は愛がない。
全体として『愛のある行動』と呼べるのでしょうか?
 

大乗仏教四摂法(ししょうぼう)
愛語  慈悲を持ち、愛のある言葉をかける事
利行  見返りを求めない
布施  与え 与えられることに感謝せよ
同行  同じ心 同じものと思え
これら4つの要素は、
①内心と②行動どちらも伴っていなければならない。と、道元は説いたそうですが、
 
愛にもそのような事が言えるのではないのでしょうか。
その判断はこの記事をご覧になったあなたにお任せします。