自問自答のすすめ

『人生が変わる。自分を変える。』

自問自答のすすめ

”思考力”を自分のものにする

生きる・生きる意味とはなにか?『応用編』

ようこそ
 
このブログでは、
”人生とはなにか?生きている意味?”等
様々な難問に対し、
私自身の『答え=定義』を作り
応用していく過程を公開する事で
 
ご覧になった方々が
”悩みを解決"
"幸せになる"
"強くなる"
”『自分の人生』を歩む"
”世界を理解する"
 
その他様々な場面で必要になる
 
"『考える力』を養う" 
それらを目的に作成します。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
【前書き】(ブログをご覧になる前に)
私のブログの読み方 (自問自答の方法 記載)
ーーーーーーー

f:id:shin-910710:20170710052039j:plain

今回の定義
生きるとは?
【①存在   ②活動】
本質?
【破壊・創造・継承】(②の意味)
生きる意味?
  存在の意味?
【分かり得ない事であり、探すもの】
  活動の意味?
【見出すもの】
ーーーーーーー
今回のお題や定義について、
皆さんはいかがお考えでしょうか。
 
私の定義にしっくりくる方もいるでしょうか?
 
 
(応用編は”私”の定義の活用例ですので、参考程度にご覧ください。)
 
それでは今回の応用編の問答を始めます。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
問 生きることは暇つぶし?
 
解釈
①存在として考えた場合
 
この世に意味があり、
自分の存在にも意味があると信じれば、
暇つぶしではなく宿命のようなものがある事になる。(ただ生きて死ぬ事それ自体が宿命の可能性)
それは、宿題であり、すでに課された義務だ。
 
 
決して暇つぶしのために生まれたのではなく、使命・宿命等を全うする事があなたが存在する理由となる。
その他
創造主を信じる人等も人生を暇つぶしとは考えないだろう。
 
 
反対に
この世に意味はなく、
自分の存在にも意味がないと信じれば、
暇つぶしというのもうなずける。
 
『生きる意味などない。だが死ぬのは嫌だ。
だから生きる。ただで生きるのはつまらない。
暇つぶしと思えばどうだろう。
楽しく生きられるではないか。
せっかくだし、前向きに生きよう。』
といった思考回路かもしれない。
 
よって虚無主義者は暇つぶしと考えうる。
 
 
 
②活動として考えた場合
 
活動は暇つぶしかどうか?
それは個人による。当然の話だ。
 
 
使命感を持って活動をする者は、
活動を暇つぶしとは考えない。
 
しかし、
社会人だから。という浅薄な理由等で
とりあえずある程度の社会的な地位につき、
家族を養い、娯楽、趣味に没頭する人等にとって、活動全ては
暇つぶしとなるだろう。
 
 
以上軽く解釈しましたが、
『生きるとは暇つぶし』という言葉の真意は
①活動と捉えると一概には言えず
②存在に意味があると信じる者には当てはまりづらく
③存在に意味がないと信じる者に当てはまりやすい
 
本質的でなく、
偏った言葉だと解釈しました。
こういう言葉に惑わされると、面倒ですね。
 
 
問  生きる必要があるのか?
 
解釈
この問は、
生きる意味がないと信じる人等の問だろうと推測できます。
生きる意味があると信じる人は、問う必要もないでしょう。使命があると信じているのですから。
 
 
②活動として捉えた場合は、 
その活動がいかに他者に貢献するのか?
等から必要性を考えることができます。
 
しかし、
①存在と捉えた場合、
生きる意味はないと考えるという事は、
存在する必要性がないという答えに繋がります。
 
私の言う"定義"とは?の記事を参照していただければお分かりになるかと思いますが、
 
自分の定義通りに世界は存在しています。
つまり、意味がないと信ずる人の世界観は、存在に意味のない世界のはずです。
 
故に活動する意味を見出す以前に、
生きることに理念がない状態であり、
まさに虚無に生きている人だと思います。
 
 
 
こう考えると、
パスカルの賭け』ではないですが、
ないと信ずるよりも、あると信ずるほうが
損得では得なのではないかと思います。
 
 
ここからは持論ですが、
人は存在を肯定されたいと考える存在であり、かつ、居場所に対する欲求が根源の欲求に含まれています。
 
なのでそもそも、
存在を認めて欲しいし、役割や生きる意味(存在)を求めているとも言えます。
 
それを
自分の存在理由等ないと信じて存在すること自体無理をしていると私は考えます。
 
だからと言って宗教等の信仰をしなさいと言っているのではありません。念のため
(私は無宗教者です)
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
このように、
自分の定義を作成しておけば、
 
今回であれば『生きる』について、
時間をかけずとも、
自分はその対象をどう捉えているのかを把握したことにより、
瞬時にその他の解釈を生み出すことができます。
 
自問自答による『定義』というのは、
定義=数学の定理
のようなものであるのです。
 
以上
応用編を終えます。