自問自答のすすめ

『人生が変わる。自分を変える。』

男らしさとはなにか?『応用編』

ようこそ
 
このブログでは、
”人生とはなにか?生きている意味?”等
様々な難問に対し、
私自身の『定義』を作り
応用していく過程を公開する事で
 
ご覧になった方々が
”世界を理解し、『自分の人生』を歩み始める事" 
それらを目的に作成します。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
【前書き】(ブログをご覧になる前に)
私のブログの読み方 (自問自答の方法 記載)
ーーーーーーー

f:id:shin-910710:20170903130616j:plain

今回の定義
そもそも"らしさ"とは?(2つの意味がある)
【①特徴…(一般像) 
   ②あるべき姿…(理想像)】
理想像としての男らしさ?
【無数にあり、立場により異なる。】
その本質?
【"求める者"が勝手に決めた男の目標】

 

 
今回のお題や定義について、
皆さんはいかがお考えでしょうか。
 
私の定義にしっくりくる方もいるでしょうか?
 
 
(応用編は”私”の定義の活用例ですので、参考程度にご覧ください。)
 
それでは今回の応用編の問答を始めます。
ーーーーーーーーーーーー0
この定義を使っていくと、
世の中に溢れる様々な言葉について、
どんな意味合いで使われているのか。
 
私の世界観で見ていくと、次のように捉える事ができます。
それでは今回の応用編の問答を始めます。
 
……………………………………

《悩み編》

問 男らしくないと言われて傷ついた。女らしくないと言われて傷ついた。
 
解釈
私の定義から考えれば、
まず第一に、どちらのらしさか考えれば良い事になる。
①"オスとしての"らしさなのか。
②"相手にとっての"らしさなのかをだ。
 
好きな女性から言われたのではなく、
ただの他人や友人からこう言われたのだとしよう。
『弱々しく、男らしくない』
『荒々しく、女らしくない』
 
①の意味『オス・メスらしくない』と言っている場合。
開き直ってこう考えたら良い。
 
人はおもに、動物的でない部分があるからこそ、崇高な存在なのだとされる。
(考える事、ルールを守ること、客観視できる事、慈悲がある事、意志があること等…)
 
オスらしさとは"動物的・本能的"部分をさす。つまり、あなたは『人間らしい』と言われた事と同じなのだ。褒められたのだと思えば良い。
 
 
 
②の意味『自分にとって男の理想は強い事』で言っている場合
 
この意味で、『男らしい。女らしい』という理想像を描くものは"動物みたいな人間"を理想とする者だ。これも先のように、むしろ誇るべきなのだ。そのような人間に男らしい・女らしいと言われなかった事を。
 
 
ただし、これが①の意味で、
あなたの好きな女性や男性から言われたとなると、話が変わってくる。
好きや嫌いという男女間のトキメキにはしばしば、①の意味での"女らしさ・男らしさ"に関係する。
 
つまり、あなたが弱々しいと言われた事は、すなわち、あなたは魅力的ではない。と言われてるに等しい。
であれば、
 
 

あなたがどうしてもその相手に好かれたい場合、どうすれば良いか?

 
私の定義で考えれば、
相手の思うオスの特徴or理想像に適応化していけば良い
 
手段はそれぞれだ。
・オスの特徴を勉強し、演技する。
・相手の親について聞けば、相手の男性の理想像がわかる(定義編)
・女性は一般的に強さを求める。(定義編)
…なんでも良い。
あとは、PDCAの繰り返しだ。
 
 
気をつけなければならないのは、
その相手にとっての理想像・オスの特徴は、相手に聞かなければ絶対わからないという事だ。(偏見・ただの理想だから。)
 
 
 
問 男らしくなりたい。どうすれば良いか?
 
あなたは考える必要がある。
①動物らしくなりたいのか
②誰にとって男らしくなりたいのか。をだ。
 
また、それはなぜか?を考えるべきだ。
 
 
⑴ 大勢にモテたい場合
あなたが若いのであれば
オスらしく(①の意味)なれば良い。
オスらしさに女性は色気を感じるからだ。恋愛においてはオスらしさが売り物といっていい。
 
あなたがある程度歳も重ねているのなら、
"強く"なれば良い。
男性に『強さ』を求める女性が多いためだ。
現代においての強さは、
経済力・影響力・知性等であるから、これらの社会的な強さを磨けば良い。
 
 
 
⑵女々しい自分が嫌い
 
これは、簡単すぎる悩みだ。自分が好きになりたいのなら、オスの特徴に近づけば良い。
ビジョンに合致するように日々研鑽すれば良い。それで解決だ。
 
 
 
問 『男らしさ』等に縛られたくない。そのせいで、生きづらい
 
この悩みは面白い。恐らく、理想像(②の意味)の事だ。
個人個人で男らしさが違うので、振り回されているのだろう。
また、社会全体の求める男らしさが、ハードだと感じているのかもしれない。しかし、
それは当たり前だ。男らしさとは他人の理想像(勝手に決めたビジョン)だ。
つまり、社会や他人は"らしさ"という言葉を使って、赤の他人に、都合の良い完全を求めているのだ。そんなものに振り回されてどうする。
自分の思う男らしさを目指せば良い
 
 
 
 

《名言編》

問 自己制御の能力が充分な女を女らしいとは評さないのが男ではあるのだけど。
 
私の定義にあてはめれば、
①の意味だと思う。
男はメスを自分をコントロールできない未熟な存在だと捉えている。となる。一般像というのは、この人物の女性との経験量により偏見があり、一概には言えない。となる。
 
問 利益だけ考える女々しい男になるな。
 
利益を追求する事は女々しさだと言っているが、私の定義に当てはまるだろうか?
 
これはオスだろうが、メスだろうがよくいるから、おそらく理想像としてのらしさからきていると思う。オスらしさなどでなく、
本人の理想像が、男はそんな目先の利益だけ考えるかっこ悪い存在じゃない。というものなの等だろう。 
私からすれば、男らしさの押しつけにうつる。
 
問 最上の男よりも悪い夫は他にいない。
 
解釈
最上の男とは、オスらしい者の事だと思う。
これほど魅力的な者はいない。
だが、それがなぜ悪い夫なのだろうか?
 
普通オスとはどういった特徴をもつだろうか?考えてみたい。
暴力的 放浪 野蛮 乱雑 プレイボーイ 闘争…
挙げればきりがないが、現代の社会は、これらオスの特徴は、法律や慣習によって制御されている。
 
オスがオスらしくいられないのが、人間社会だ。浮気等もそうだ。一種の慣習、契約にオスらしさが制限されている。
 
 
それら社会のルールや夫婦としての契約等を一切守らず、
縄張り意識が強く、日々喧嘩を繰り返し、
女性等は力で奪い取り、使い捨てにし、母親違いの子供がたくさんおり、子が生まれれば、血を守るために戦い守る。
こういった人間が稀にいるが、極端に動物的で人間的ではない。
 
だが、こういったロクでもない男は、女からみると非常に魅力的だということだと思う。
もちろん、理性的な魅力というより、性的な魅力のほうだが。
男から見てもこのような暴君は恐ろしい。
オスとしての本能的な恐怖だろう。
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
このように、
自分の定義を作成しておけば、
 
今回であれば『男らしさ』について、
時間をかけずとも、
自分はその対象をどう捉えているのかを把握したことにより、
瞬時にその他の解釈を生み出すことができます。
 
自問自答による『定義』というのは、
定義=数学の定理
のようなものであるのです。
 
以上
応用編を終えます。