自問自答のすすめ

『人生が変わる。自分を変える。』

家族とはなにか?『考察編』

   
   ようこそこのブログでは
   ”人生とはなにか?生きている意味?”等
様々な難問に対し、
私自身の『定義』を作り
応用していく過程を公開する事で
 
ご覧になった方々が
 
”自問自答をとおして自分を知り、
 世界を理解し、『自分の人生』を歩む" 
それらを目的に作成します。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
【前書き】(ブログをご覧になる前に)
私のブログの読み方 (自問自答の方法 記載)
ーーーーーーー

f:id:shin-910710:20171009112252j:plain

今回の定義
本来の家族の定義 
【一般的に核家族をさし、家族自体に本来意味はない】
親族とは?
【一般的に血族と姻族。法律的には6親等内の血族+配偶者+3親等内の姻族】
家族の存在意義とは?
【立場により異なり無数にある】
一般的イメージの家族とは?
【仲間の一種】
仲間との違い?
【強固さ】
家族の暖かみ?
【繋がり(存在の肯定】
鬱陶しく感じる原因 
【親にとって意図的な繋がりや絆
 子供にとって受動的な繋がりや絆・鎖】

 

 

ーーーーーーー
 私は以前の記事でこのように定義を作成していきましたが、
『考察編』では、定義作成までの流れをご紹介します。
 
お悩みの方などは、
『応用編』をご覧ください。
 
(『考察編』は、実際に『自問自答』をご自身で行っていただき、
テーマの本質をあぶりだす流れを体験していただく事を目的としていますので、私の自問自答につきましては、参考としてご覧ください。)
 
自問自答の方法については、
私のブログの読み方 をご参考ください。
ーーーーーーーーーーーーーー
 
家族とは
 
❶辞書等、世の中の定義を集める
 
 
 家族とは?
 1 夫婦とその血縁関係者を中心に構成され、共同生活の単位となる集団。近代家族では、夫婦とその未婚の子からなる核家族が一般的形態。
 2 民法旧規定において、戸主以外の家の構成員。
 
 核家族とは?
 一組夫婦未婚の子から成る家族あらゆる家族中に存在する第一次単位独立して存在する場合のみを指すこともある。
 
 拡大家族とは?
 
 
家族の族は、(漢字としての意味)で、祖先を同じくする集団。
という意味に由来するものだと思う。
つまり、家にいる親族。から来ているのだろうという事。
 
米英では拡大家族をささないらしい。
英国では召使いも含む事があるらしい。
 
主に、
【夫婦+子が第一形態。続(血が繋がっている者という意味と仮定)
この型が複数連携した者を拡大家族と呼ぶ】
 
 
 
といっている。
なんとなく世の中の定義が掴めたら次に進みます。
 
 
 
 
 
❷言葉の使用例等を集める
世間のテーマへの解釈や、
偉人達の解釈がなんとなく掴めたら次に進みます。
 
家族とは繋がり
家族とは信頼のある存在
家族とは避難場所
家族とは学校
家族とは自分の社会性の基礎
家族とは助け合い 支え合う
家族とは信じ合う関係
 
まとめ
家族には様々な役割がある。
本来的な意味は夫婦と子供の事
家族の定義は無数にある 
敵対する関係ではなく、友好的な関係
 
 
 
 
 
❸仮説を立ててみて、一つ一つ自問自答し確定させていく。
 
仮説『本来家族とは、血縁+夫婦+子の型の事を言い、特別な意味はない』確定
 
①…省略…
 
考察はこの前提から出発する。
 
 
 
仮説『家族に様々な役割があるのは、目的が色々あるから』
 
①例をだす。
 
イ家族とは学校 
ロ家族とは避難所 
ハ家族とは駅のホーム 
などという例がネットに落ちていた。 
 
これらは目的が違うのではないだろうか?というふうに考えてみたい。
 
イ 家族とは学校 
家族からお金の事や兄弟との関係等の人間関係や、
葬儀や結婚式など儀式等も経験し、様々な事を学びとる事で、
確かに家族というのは、いろいろなものを経験する場でもある。 
 
ここでの目的は、『学習のための家族』
家族の目的は『家族の知性の発育』といったところだろうか。
 
ロ 家族とは避難所 
家族以外のコミュニティで、なにか傷ついたり、
悩んでいたりしたとき、家族は避難所となる。ということだろうか。
家族は確かに、信頼関係、支え合う関係というイメージがあるし、
実際私も小学生の頃、濡れ衣を着せられて、友人に泣かされたとき、
家でうじうじと泣いていた記憶がある。
 
ここでの目的は、『自己防衛のための家族』といったところだろう。
家族の目的は『家族を守る事』といったところだろうか。
 
ハ省略する。
 
 
②反対意見を出す。(批判)
 
確かに目的は違うし、目的ごとに家族の役割が違う。
しかし、それには『家族に役割がある。』という考え方が前提にある
果たしてそうだろうか?
 
 
その家族の目的は誰が定義した、家族の目的なのだろうか?
筆者の家族には明確な家族の存在意義、理念、ビジョンはない。
 
暗黙の了解で、家族全員の幸せが理念のようなものだと察してはいても、
そのビジョンは家族それぞれの推測にすぎない。
しっかりビジョンの定まった家庭もあるのだろうが、
私の家庭はそうではなかった。
 
というより、家族のあり方などに、決まりはないだろう。
結婚していなくても、血が繋がっていれば家族となりうるし、
そして家庭内で、どんな規則を制定しても他人に関係のない話であるから、
役割を持たせる必要性がなければ、役割のない家族というのだってありえるだろう。
血さえ繋がっていれば家族なのだから。
 
修正(あてはめ)
仮説『家族に様々な役割があるように思えるのは、目的や理念が色々あるから』確定
 
 
これは、定義とはなにか?そのものにつながる。いつもの定義だ。
 
家族自体に全家族が共通している明確なビジョンがなく、理念もないのであれば、
家族とはなにか?という話には、答えなどない。
なぜなら、
家族の定義は”家族ごと”に定義が異なる事になる。
さらに家族が明確なビジョンを定義していないのなら
”人”ごとにも定義が異なる事になるからだ。
 
家族への印象も、
範囲も、存在意義も、それぞれ全く異なるのだ。
家族それ自体に役割があるのではない。利用方法や存在意義をそれぞれが見出すだけなのだ。
 
 
 
『家族ってこんな感じかな〜』というあなたの持っているイメージは、この式から来ている。
 
理想像(らしさ)の形成式
【偏見+利用価値(存在意義)=らしさ】
このような事から、家族らしささえも人により異なる事がわかる。 
 
 
仮説『家族というものに共通したビジョンや理念がない以上
正しい家族というものは存在しない』確定
 
①例を出す。 
・家族は敵となる家族と競い合うためにある。と考えている家庭があれば、
そのビジョンは親子で共に戦い勝利する事なのかもしれない。
 
・家族は心の安定のためにある。と考えている家庭があれば、
そのビジョンは親子が幸福に生きていく事なのかもしれない。
 
(さらにその理念やビジョンが私の家庭のように明確に掲げられておらず、
かつ家族に意志の共有もされていないような場合、
家族の一人一人によっても家族の定義は異なっていく。)
 
 
思いついただけでどんどん書いていけるが
このように、いくらでも違った家族の形などは存在しえるし、実際に存在している。
 
『助け合い、支え合い、信頼しあうのが家族だ』という者をよく見かけるが、
この一致は偶然の一致である。
 
宗教によるものなのか、
マスコミの影響か、
賢人達のならわしか、
民法が求める家族の形なのか、
そんなのはわからないが、
 
現段階で、その社会で
正しい家族らしきものは存在しても、はなからそんなものは
存在しないのだと決めてかかっておく事も大事だと思う。
 
家族を恨んでいる男がいたとして、
信頼しあえてない家族など家族ではないと、あなたが言おうとも、
彼にとっては家族とは憎むべき存在に変わりないのだ。
 
 
 
 
仮説『家族=社会の一種』確定
 
 
まだ定義の記事を公開していないが、
社会とは群れである。
その目的は主に、衣食住の供給・経済的発展・防衛などであると思う(推測にすぎない)
家族は血のつながりのある群れであり、目的も同じようなものだ。
 
…省略…
社会といって違和感はない。
この仮説は正しいように思う。
正しい。しっくりくる。と思った時点で仮説を確定してok
(確定したら、仮説の横に確定と書くとわかりやすいです。)
 
 
 
仮説『正しいらしき家族=仲間の一種』確定
 
①例を出す。
私の定義では、
 
仲間とは
『ある目的のための協力関係』の事である。
世間一般で、正しいらしき(助け合い、支え合い、信頼しあう)家族とは
『ある目的のための協力関係』と言える。
 
つまり、世間が言っている愛しあう家族というのは、
仲間のように家族を捉えていると言っていい。
家族と仲間との相違点は、縁が切りやすいかどうかにあると言えると思う。
 
正しいらしき家族とは
仮説『縁の切れない仲間関係』確定
 
①例を出す。
事実上、絶縁関係になっていても、
血縁関係の親子や兄弟との関係は、物理的にきれない。血の繋がり、DNA引き継がれるからだ。
 
また、法律上、親子の血縁を切るすべは用意されていない。
相続権 扶養義務等は、貧困や社会保障の増大を防ぐ目的でもあるので、
 
直系 同居の親族扶け合いの義務 730
生活扶助義務 877
親の未成熟子や配偶者への生活保持義務
等により、日本では法律上そもそも助け合う事を義務化している。
もちろん事情によっては、バカ息子や毒親への相続や扶養義務を回避する方法はある。が、家族関係(親子)はやはり切れないという事だ。
 
(どうやら、一般的な正しいらしき家族の形は、法律が求めたものだというせんが濃厚のようだ。家庭内の問題を民法で細かく制約しているあたり、
それほど家族同士助け合ってもらうほうが、経済的だという事なのだろうか?
この疑問についてはここに置いておく。)
 
 
 
まとめる
家族とは社会の一種 
仲間の一種になりうる。
家族に明確な定義などない。
それぞれが勝手に利用価値を見いだし、定義する。
それが家族とはなにか?家族らしさとはなにか。
正しい家族などない 
正しいらしき家族は国が求めたもの(推測)
暖かみの原因は繋がり 
正しいらしき家族=切れない仲間関係 
親からすれば意識的かつ能動的に手にした、繋がり
子からすれば無意識かつ受動的に手にした、繋がり又と言った所。
暗黙のビジョンと理念 
切れない仲間関係ゆえに通常は協力関係になる。(相互に助け合ったほうが得)
切れない仲間関係ゆえにそれを利用するクズ家族も存在する。