自問自答のすすめ

『人生が変わる。自分を変える。』

喜び・悲しみとはなにか?『定義編』

 
ようこそ
このブログは、自問自答をとおして、
『自分の人生を歩む事』をテーマに、
 
"友とは何か? 人生とはなにか?"
などの様々な難問に対し、
私自身の『定義』を作り
応用していく過程を公開する事で
 
ご覧になった方々の
思考のキッカケになる事を目的に作成しています。
ーーーーーーーーーーーーーーーー
【前書き】(ブログをご覧になる前に)
私のブログの読み方 (自問自答の方法 記載)
ーーーーーーー

f:id:shin-910710:20171015125507j:plain

人生には
なんだか心にぽっかりと穴が空いたような日があれば、
充実して喜びはが絶えない日もありますね。
 
ではそもそも喜ぶ。悲しむ。とはなんでしょうか?
 
あなたにとって
喜び・悲しみとはなんですか?
 
私の定義をご紹介します。
 
喜び・悲しみとは?
欲求の対象の充填・喪失により起こる反応(感情)
 
欲求の種類については学がなく、浮かばなかったので、マズローの5段階説を参照した。
・(自己実現 承認  社会 安全 生理的)欲求
 
心、精神には、欲求のバッテリーのようなものが存在するのだと仮説を立てた。さらにそのバッテリーは欲求の段階によって、その”電気”が異なり、喪失した時に悲しみが。充填した時に喜びの反応が起こると定義した。
 
幸せと、喜びの違い?
幸せ=充足した状態
   喜び=充填時に起こる反応
 
喜びは100%幸福基準が満たされていなくても起こる。欲求を達成するたびに起こり、
さらに、枯渇している時ほどその喜びは大きくなる。欲求不満であればあるほど、突如満たされた時、喜びは大きいという事だ。
(長くなるので応用編に続く)
 
 
私の定義では、
感情とは=反応であり、
喜びと悲しみとは、
コントロールできるもの
という事になる。
 
幸せの定義で紹介したが、
欲求の枠組みは内面の信念を変化させる事や習慣によって大きくも小さくもする事ができ、常時悲しみに関係する、喪失感、虚無感を感じる事も、常時喜びに関係する、満足感を感じる事も可能である。
 
喜びの原因に影響する事も、
喜びの原因それ自体を変える事もできるからだ。
 
 
そして当然だが、
喜びと悲しみは
欲求は共通する。
 欲求を満たす対象物は共通しない。人により異なる
 
欲求の種類は皆同じ(お腹が空く 眠い等)だが、その度合いが異なり、
さらに欲求のバランスによっても、欲しい対象は異なるはずだ。
 
例)眠たいけど寝ない人がいる。
眠たいという欲求は皆同じだが、その人の喜びは仕事(尊厳・居場所)の欲求の達成にある段階なのかもしれない。だから眠たいから寝るという欲求は既に満たした。というか満たす事のできる環境を築いている状態といえる。
 
 
 
そんな気もするが、違う気もする。
とお思いでしょうか?
 
大丈夫です。なぜならこれは、
"私"の『喜び・悲しみ』に対する"定義"だからです。
 
あなたが納得できなければ、
あなた自身で自問自答をすれば、別の"定義"
が作成できるはずです。
(私のブログの読み方 参照)
 
自問自答の定義の意味が、ご理解いただけましたでしょうか?
 

 

次回、定義の応用編をご覧ください